寒川神社の「迎春神話ねぶた」を見てきました

掲載日:2019年1月24日

こんにちは。湘南地域県政総合センター企画調整部です。

今回は寒川神社の「迎春神話ねぶた」をご紹介します。

さっそく神門でねぶたが迎えてくれます

ねぶたは幅9メートル、高さが2・6メートルもあり、かなり大きいです。

正面からのねぶた

神話の「天孫降臨」をモチーフにしています。

日本を素晴らしい国にするよう天照大御神から命じられたニニギノミコトが、サルタヒコという神様に導かれて天降ろうとする様子が描かれています。

ニニギノミコト(アップ) 

こちらがニニギノミコトです。天照大御神の孫です。

天照大御神

こちらが天照大御神です。

サルタヒコ(アップ)

こちらがサルタヒコです。

ニニギノミコト 天照大御神 サルタヒコ

近くで見ると、ススキの一本一本や服の装飾、顔の表情まで、非常に細かく作られていることがわかります。

皆さんもぜひ寒川神社の「迎春神話ねぶた」を見てみてください

今年の「迎春神話ねぶた」は2月4日(月曜日)まで行っていますので、みなさん、ぜひ寒川神社まで足を運んでみてください。

※寒川神社へはJR相模線の「宮山駅」より歩いて5分程度です。

宮山駅からの景色(宮山駅からの夕陽)

※参考:寒川神社のホームページ(http://samukawajinjya.jp/

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa