化学物質の適正な管理について(第39条及び第40条)

掲載日:2018年3月22日

化学物質の適正な管理(第39条)

すべての事業者は、事業活動を行うに当たり、化学物質による環境の汚染を防止するため、人の健康や生態系へ悪影響を及ぼすおそれのある化学物質について、適正な管理に努めなければなりません。

対象事業者

対象物質を取り扱うすべての事業者

対象物質

急性毒性物質、慢性毒性物質、発がん性物質等人の健康を損なうおそれ又は動植物の生息若しくは生育に支障を及ぼすおそれがある元素又は化合物で医薬品、医薬部外品及び放射性物質以外のもの(第2条第5項に定める化学物質)

規定事項

  1. 化学物質の管理体制の整備を行うこと
  2. 化学物質を適正に管理するための情報の収集及び整理を行うこと
  3. 化学物質の受入れ、保管、使用、排出及び廃棄の量及び方法の把握を行うこと
  4. 化学物質の使用量及び排出量がより少ない技術の導入及び機器等の使用を行うこと
  5. 化学物質の回収、除去及び処理のためのより効率的な技術の導入及び設備の使用を行うこと

化学物質の適正な管理に関する指針(第40条)

事業者が実施する化学物質の適正な管理に係る取組を支援するため、化学物質の適正な管理に関する指針(平成17年1月14日神奈川県告示第12号)(PDF:129KB)を定めました。

事業者は、第39条に規定する化学物質の適正な管理を行うに当たり、事業内容、事業所の形態等に応じ、次に掲げる事項を実施するものとします。

1.事業所における適正管理事項

(1)管理体制の整備

(2)県民の理解の増進に関する事項

(3)情報の収集及び整理

(4)使用量及び排出量がより少ない技術の導入及び機器の使用

(5)回収、除去及び処理のためのより効率的な技術の導入及び設備の使用

(6)自己監視及び自主測定

2.災害及び事故対策の実施

(1)未然防止対策

(2)災害及び事故の対応

3.化学物質を含む廃棄物の量の把握と適正処理

(1)廃棄の量及び方法の把握

(2)化学物質を含む廃棄物の管理事項

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa