亜鉛含有量並びにカドミウム及びその化合物に係る暫定排水基準の改正について

掲載日:2019年12月3日

 亜鉛については、平成18年12月11日より水質汚濁防止法による亜鉛含有量に係る一般排水基準が強化(5mg/Lから2mg/L)され、現在、この基準を直ちに対応することが困難な3業種について、暫定排水基準が設定されています。

 また、カドミウムについて、平成26年12月1日より水質汚濁防止法によるカドミウム及びその化合物に係る一般排水基準が強化(0.1mg/Lから0.03mg/L)され、この際、この基準に直ちに対応することが困難な4業種については暫定排水基準が設定されています。

 今般の改正は、亜鉛含有量に係る暫定排水基準が平成28年12月10日をもって、カドミウム及びその化合物に係る2業種の暫定排水基準が平成28年11月30日をもって適用期限を迎えることから、それぞれの暫定排水基準の適用期間が改正されました。

 また、県では、この改正を受けて、県生活環境の保全等に関する条例施行規則を一部改正しました。

1 水質汚濁防止法に関する改正

(1)改正内容

 ア 亜鉛含有量に係る暫定排水基準

業種

基準値

(mg/L)

適用期間
金属鉱業 5 平成33年12月10日まで
電気めっき業 5 平成33年12月10日まで

下水道業

(金属鉱業又は電気めっき業の排水を受け入れているもので一定のもの)

5 平成33年12月10日まで

 イ カドミウム及びその化合物に係る暫定排水基準

 

※神奈川県内では、一部の水域にいわゆる「上乗せ条例」による排水基準が適用されていますのでご注意ください。

大気汚染防止法第4条第1項の規定による排水基準及び水質汚濁防止法第3条第3項の規定による排水基準を定める条例(平成26年12月26日改正)(PDF:106KB)

(2)施行日

 亜鉛含有量について:平成28年12月11日

 カドミウムについて:平成28年12月1日

(3)参考資料

 改正法令の内容及び施行通知等については、こちらをご覧ください。

(概要)

(法令)

 

2 県生活環境の保全等に関する条例に係る改正内容

 水質汚濁防止法施行規則等の改正を受けて、県生活環境の保全等に関する条例施行規則の一部改正を行い、平成28年12月1日に施行しました。

 改正の詳細については、条例のページをご覧ください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa