環境管理事業所・環境配慮推進事業所制度

掲載日:2018年3月30日

制度の概要

神奈川県生活環境の保全等に関する条例(以下「県条例」という。)に基づき、自主管理の推進のため、指定事業所のうち環境に係る一定の管理能力を備えた事業所については、環境管理事業所として認定、さらに環境への配慮を自主的かつ積極的に推進している環境配慮推進事業所として登録を行う制度を設けています。

環境管理事業所の認定や環境配慮推進事業所の登録を受けることで、県のホームページにおいて事業所の名称や環境管理に関する方針の概要が公表されます。

また、環境配慮推進事業所の登録を受けることで、指定事業所の変更に係る一部手続きが免除されます。

なお、事業所は環境管理事業所または環境配慮推進事業所である旨の表示板を掲示することができます。

制度概要

 

環境管理事業所制度

県条例第18条第1項で、知事は、環境に関する方針の策定、目標の設定、計画の作成及び実施、体制の整備並びにこれらの監査を行っている指定事業所で規則で定める基準に適合するものを、当該指定事業所の設置者の申請に基づき、環境管理事業所として認定することができると定めています。

認定基準や認定を受けている事業所は次のとおりです。

認定基準

認定事業所の公表

 

環境配慮推進事業所

県条例第19条の2第1項で、知事は、環境への配慮を自主的かつ積極的に推進している環境管理事業所で規則で定める要件に適合するものを、当該環境管理事業所の設置者の申請に基づき、環境配慮推進事業所として登録することができると定めています。

登録要件や登録を受けている事業所は次のとおりです。

登録要件

登録事業所の公表