資本関係又は人的関係にある者同士の入札参加制限について

掲載日:2019年4月19日

参加制限の概要

 談合の未然防止及び他の入札参加者との公平性の確保の観点から、平成31年4月1日より、県発注工事について資本関係又は人的関係にある者同士、その他の場合について同一入札への参加が制限されます。

対象となる入札

  • 神奈川県が実施する工事の「条件付き一般競争入札」及び「いのち貢献度指名競争入札」
  • 平成31年4月1日以降に公告、指名通知を行う案件から適用

資本関係とは

  • 子会社等と親会社等の関係にある場合
  • 親会社等を同じくする子会社等同士の関係にある場合 等

人的関係とは

  • 一方の会社等の役員が、他方の会社等の役員を現に兼ねている場合
  • 一方の会社等の役員が、他方の会社等の管財人を現に兼ねている場合
  • 一方の会社等の管財人が、他方の会社等の管財人を現に兼ねている場合

その他の場合とは

 組合(共同企業体を含む。)とその構成員が同一の入札案件に参加している場合、その他上記と同視しうる資本関係又は人的関係があると認められる場合

制限に該当する場合

 制限の対象となる基準に該当する者が行った入札はすべて無効として取り扱います。ただし、基準に該当する者のいずれかが開札前に辞退届けを提出すれば、辞退しない者が行った入札は有効となります。

※上記は説明を簡略化したものです。詳細については、説明資料(PDF/470KB)をご覧ください。

申告書の提出について

 入札に参加しようとする者は、「資本関係又は人的関係申告書」を提出する必要があります。

条件付一般競争入札

 個別の案件ごとに「かながわ電子入札システム」による競争参加資格確認申請を行う際に、添付資料として提出してください。

いのち貢献度指名競争入札

 個別の案件ごとに、入札説明書に指定する期限までにファックス等により提出してください。

※「資本関係又は人的関係申告書」の様式については、申告書様式(Excelファイル/36KB)をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。