神奈川県におけるレジ袋削減の取組 【モデル地域の取組】

掲載日:2018年3月18日

トップ宣言賛同者の募集計画・報告制度|モデル地域|賛同者の取組お買い物マナー過去情報

チラシ等広報用データ

本文へジャンプレジ袋の削減の取組を進めるには、地域における連携・協力が何よりも重要です。
「宣言」では、県はレジ袋削減に積極的に取り組む地域を「モデル地域」に指定し、モデル地域における活動を積極的にPRすることにより、レジ袋削減の取組が県内各地で展開されることを目指しています。

茅ケ崎市を第1号のモデル地域に指定茅ケ崎市を第1号のモデル地域に指定(平成22年1月25日)しました。[PDFファイル/20KB]

茅ヶ崎市の取組内容

平成26年1月20日(月曜日)から1月24日(金曜日)まで開催した消費生活展及びエコウィークにおいて、茅ケ崎市民並びに市内事業者マイバッグ利用を呼びかけました。(PR小冊子の作成)

藤沢市(片瀬・鵠沼地区)をモデル地域に藤沢市(片瀬・鵠沼地区)モデル地域に指定(平成22年4月21日)しました。[PDFファイル/188KB]

平成24年3月末をもって、モデル地域として2年間の取組を終了し、平成24年度から藤沢市全域にレジ袋削減に向けた取組を継続していくこととなりました。

藤沢市の取組内容

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。