家電リサイクル関連のよくある質問

掲載日:2020年8月24日

家電リサイクルに関連する質問と回答をこちらにまとめています。

神奈川県内市町村の回収方法について

神奈川県内での行政回収の有無や収集運搬料金、回収方法については、市町村ごとに以下のリンク先でまとめられています。

家電リサイクルQ&A

家電リサイクルに関するよくある質問と回答は、以下のリンクよりご覧いただけます。

事業者向けQ&A

特に事業者向けの家電リサイクルに関するよくある質問と回答は、以下のリンクよりご覧いただけます。

神奈川県の事業者(排出者)向けQ&A

神奈川県で、事業者向けの家電リサイクルに関して問い合わせが多い事項をこちらに掲載しています。

1.事業所で使われている機器でも対象となるのか。

  • エアコンディショナー、テレビジョン受信機、電気冷蔵庫・電気冷凍庫及び電気洗濯機であって、家庭用として製造・販売されている機器が対象とされておりますので、事業所で使われている場合でも、家庭用の機器であれば法律の対象となります。なお、業務用機器等は対象外です。

2.事業者はどのような方法で対象機器を処理すればよいのか。

  • 原則として、次のいずれかの方法で対象機器を処理します。
  1. 同種の機器を購入し、買い換えしようとしている場合には、家電販売店に当該機器の引取りを依頼する。
  2. 当該機器を販売した家電販売店に引取りを依頼する。
  3. 自ら運搬してメーカーに引き渡す。
  4. 産業廃棄物収集運搬業者に委託してメーカーに引き渡す。

3.対象機器はどこでメーカーに引き渡すのか。

4.事業者が支払う料金はどのようなものか。

  • 次の2種類の料金を支払うこととなります。
  1. 収集運搬料金
    販売店又は産業廃棄物収集運搬業者の収集運搬に要する料金で、金額は各販売店・業者ごとに設定されます。引取先の販売店・業者に支払います。
  2. 再商品化料金(リサイクル料金)
    メーカーのリサイクルに要する料金で、金額はメーカー各社から公表されています。
    家電販売店が引き取る場合には収集運搬料金と併せて家電販売店に支払うことができます。また、郵便振込によって「家電リサイクル券」を購入し、対象機器に貼付することによりリサイクル料金の支払いに代えることもできます。

5.メーカー以外の者に処分を委託してもよいのか。

  • 家電リサイクル法では、排出者が廃家電を小売業者や製造業者等にリサイクル料金を支払って引き渡すことにより、本制度の円滑な運営を支えていくことを求めています。

6.産業廃棄物管理票(マニフェスト)は必要となるか。

  • 家電リサイクル法に定められた業者(小売業者、製造業者等、指定法人)やこれらの業者から委託を受けた業者に引き渡す場合は、マニフェストは必要ありません。
  • 指定引取場所までの収集運搬を産業廃棄物収集運搬業許可業者に委託する場合は、マニフェストが必要になります。

早見表

委託先 家電リサイクル券 マニフェスト 収集運搬業の許可

家電販売店(小売業者)

製造業者等

指定法人

製造業者及び指定法人から委託を受けている業者

必要

不要

不要

家電販売店(小売業者)から委託を受けている業者

必要

不要

必要

(一般廃棄物

または

産業廃棄物)

産業廃棄物収集運搬業者

(指定引取場所まで収集運搬を委託する場合)

必要

必要

必要

(産業廃棄物)

このページの先頭へもどる