優良産廃処理業者認定制度とは

掲載日:2018年3月18日

概要

優良産廃処理業者認定制度は、産業廃棄物処理業の健全な発展と適正処理の推進をめざすために、廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則に基づいて創設された制度です。

産業廃棄物処理業者及び特別管理産業廃棄物処理業者の申請のもと、都道府県知事及び政令市長が国の優良基準に適合しているかを確認します。

適合が確認された処理業者は、通常5年の産業廃棄物処理業の許可の有効期間が7年となり、許可の更新等の際に提出する申請書類の一部を省略できます。また、優良基準への適合が確認されている旨が許可証に記載され、排出事業者等の第三者にその旨を提示することができます。この制度は平成23年4月から運用されています。

また、適合が確認された処理業者の情報は、環境省からの委託をうけ、財団法人産業廃棄物処理事業振興財団のホームページ「産廃情報ネット」にて公開されています。

産廃情報ネット

優良基準

  1. 遵法性:5年以上の業の実績があり、この5年間に特定不利益処分を受けていないこと
  2. 事業の透明性:事業内容等を一定期間継続してインターネットで公開
  3. 環境配慮の取組:ISO14001規格やエコアクション21等の認証の取得
  4. 電子マニフェスト:電子マニフェストシステムに加入していること
  5. 財務体質の健全性:(1)直前3年の各事業年度のうちいずれかの事業年度における自己資本比率が10%以上であること、(2)直前3年の各事業年度における経常利益金額等の平均値が零を超えること、(3)産業廃棄物処理業の実施に関連のある税、社会保険料及び労働保険料を滞納していないこと

排出事業者のメリット

産業廃棄物の排出事業者は、廃棄物を適正に処理する責任があります。処理業者を料金の安さだけで選ぶのではなく、透明性が高く、環境への配慮があるといった優良基準を活用することで、適切な処理業者を選ぶことにより、廃棄物の適正処理を確保することができます。

産廃情報ネットでは、優良化に取り組む処理業者の開示情報を検索閲覧することができます。

産廃情報ネットの排出事業者向け新サービスの開始について

産廃情報ネットでは、排出事業者向けに優良化に取り組む処理業者の開示情報の検索・閲覧ができる、新サービスが平成21年8月から開始されました。

新サービスの内容

  1. 取引先等の処理業者を「お気に入り登録」することで、情報更新の通知メールを受け取ることができます。
  2. 委託したい処理業者が見つからない場合、特定の許可条件を「お気に入り登録」することで、条件に合う会社が現れた際に通知メールを受け取ることができます。
  3. 過去2週間において、情報公開を開始/停止した会社、優良性評価基準について適合確認された会社、許可情報を登録/更新した会社をサイトで確認できます。

本サービスのご利用にはユーザー登録が必要です(無料)。

本文ここで終了