中国語を使ってボランティアを目指すための語学講座 発展編1

掲載日:2020年3月31日

中国語発展編1

この講座は、外国人観光客・外国籍県民の方々をサポートするため、相手の言葉だけではなく、文化の相違についても学び、地域でサポートするボランティアに必要な能力を身につける内容となっています。

※必ず、受講レベル・講座内容等を確認し、ご自分にあった講座にお申込みください。

以下に該当する場合のお申込は受け付けできません。ご注意ください。
○同じ言語での複数クラスへの申込
○2019年度までに修了済の講座への再申込
○修了した同じ言語講座の下位レベル講座への申込
○2019年度に受講し、確認テストが既定点数に未到達という理由で(テスト未受験者含む)修了とならなかったかたの同じ言語の上位レベル講座への申込

(講座番号 文-10)

  • 開催日:2020年4月9日から7月9日(木曜日 全14回)
  • 開催時間:13時30分から15時00分
  • 受講料:21,000円
  • 定員:18名 定員を超えた場合は抽選
  • 講師:中国語講師 北川 直子
  • 申込期限:2020年3月16日(月曜日)必着(定員に達しない場合は4月8日16時まで受付。)
  • 受講レベル:基本編修了レベル(中国語検定4級程度のレベル)のかた。ピンインのルールをしっかりとマスターし、「了」「着」「过」や各種補語、使役や受身の表現、「把」構文など、基本的な文のしくみを知っていること。また、簡単な日常会話と情報発信(天候・時刻・場所についての会話、自分や家族に関する会話、飲食店やショッピングでの会話など)ができる、「コミュニケーション支援ボランティア」を目指すかた。
  • 内容:基本編での学習内容に加え、やや複雑な表現の聞き取り理解、情報発信に必要な語彙、表現を身につけます。街角、飲食店、ショッピング街等の場面に加え、駅等の公共の場においても簡単な意思疎通が図れるようにします。語学学習にあわせて、当該言語圏の社会や文化的特徴について日本との比較も交えながら学習します。講座期間内に学習成果をはかる確認テストを行います。
  • テキスト:テキストは受講者各自で別途購入していただきます。
    『リアルスコープ 現代中国事情』(李貞愛著、朝日出版社、2013年) 2,100円+税 書店または朝日出版社(03-3239-0271)で購入できます。

講座修了条件について
 
外国語を使ってボランティアを目指すための語学講座各言語発展編1を修了した方は、秋以降引き続き実施する発展編2(同曜日同時間実施クラスに限る)の優先受講が可能です。
【各講座修了判定条件】
 中国語発展編1:講座回数14回のうち10回以上に参加し、確認テストで60点以上を取ること。
 中国語発展編2:講座回数14回のうち10回以上に参加し、確認テストで80点以上を取ること。

【「コミュニケーション支援ボランティア」とは】
 地域において外国人観光客や外国籍県民等に対し文化的背景の相違も理解した上で、自ら積極的に声をかけるなど、外国語を用いてサポートするボランティアのかたを言います。

(この講座の申込受付は終了しました)

現在申込受付中の開講講座に戻る

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa