教-35 スピーキングの指導と評価

掲載日:2019年6月14日

教-35 スピーキングの指導と評価

※英・日両言語で行います。

講義の内容

  • 講義・協議「生徒の学びを促進するスピーキング活動の在り方」
     1時間の授業の中で、スピーキング活動を効果的に取り入れる方法について体験的に学びます。
  • 講義・演習・協議「スピーキングタスクとルーブリック評価」
     生徒の話す力を評価するためのタスク作成とルーブリック評価について理解を深めます。

講師

  • 国際言語文化アカデミア 教授 江原美明 助教 グェン・トアー

目的

話すこと(やりとり・発表)に必要な知識・技能を明確にしながら、普段の授業でスピーキング活動をどう取り入れたらよいかについて学ぶととともに、学習到達目標・単元目標に基づく評価タスクの設定とルーブリック評価の在り方について理解を深めます。

実施日時等

  • 実施日:2019年7月31日(水曜日)
  • 時間:9時00分から12時00分まで
  • 定員:20名(5名)先着順決定型
  • 申込締切:2019年7月5日(金曜日)(定員に達しない場合は開講日前日の16時まで受付を継続します)

(この講座の申込受付は終了しました)