県内のギャンブル等依存症の実態を調査します

掲載日:2020年2月4日
2020年02月04日

本県のギャンブル等依存症の実態を把握し、今後の本県におけるギャンブル等依存症対策推進の参考とするため、「娯楽と生活習慣に関する調査」を実施します。

1 調査対象

県内(横浜市を除く)に居住する18歳から74歳の方6,750人

※横浜市内にお住いの方については、横浜市が「横浜市民に対する娯楽と生活習慣に関する調査」を実施していますので、本調査では調査対象に含まれません。

2 抽出方法

住民基本台帳から層化二段無作為抽出

3 調査方法

郵送による調査票の配布及び回収

4 調査期間

令和2年2月10日(月曜日)から3月2日(月曜日)まで

5 主な調査項目

ギャンブル等を行った経験、頻度、使った金額等

ギャンブル等依存症に対する知識

インターネット、ゲームの利用状況

6 公表予定

調査結果の集計後、公表予定(時期未定)