神奈川県がん教育

掲載日:2019年7月3日

がんに関する情報は、様々な媒体によって提供されていますが、すべてが正しい情報とは限りません。科学的根拠に基づく正しい情報やがんの予防法を学び、日々の生活の中で実践しましょう。

神奈川県がん教育協議(検討)会

県では、子どもの頃から、がんに関する正しい知識を学び、がんそのものやがん患者に対する理解を深める学習を進めるため、学校でのがん教育の在り方等について検討しています。
協議会は、がんの専門医やがん体験者、県医師会、学校関係者、県保健福祉局・教育局などで構成されています。

 年度 検討内容(結果 )
 平成25年度

(1)平成26年度は、モデル事業としてがん教育を実施

(2)教育内容として、神奈川がん教育10項目を設定

(3)活用教材

ア)DVD「がんってなに?」(日本対がん協会作成)

イ)スライド教材「がんを知ろう!)(神奈川県作成)

ウ)がん体験者の体験談

 平成26年度

(1)外部講師によるモデル授業を実施し、効果的な実施方法を検討

(2)がん教育教材の指導用補助資料を作成

(3)平成27年度については、教員によるモデル授業を実施予定

 平成27年度

(1)教員のリテラシー調査、指導者研修講座を実施

(2)教員によるモデル授業を実施し、効果的な実施方法を検討

(3)がん体験者のメッセージビデオを作成

(4)平成28年度についても、教員によるモデル授業を実施予定

 平成28年度

(1)教員向け指導者研修講座を実施

(2)平成27年度に引き続き、教員によるモデル事業を実施し、効果的な実施方法を検討

(3)全国展開に向け、外部講師を活用しやすい体制の整備

(4)がん体験者のメッセージビデオを作成

 平成29年度

(1)教員向け指導者研修講座を実施

(2)外部講師を活用したがん教育研究授業実施

(3)がん教育教材について

 平成30年度

(1)平成30年度 がん教育総合支援事業 事業計画について

(2)平成30年度 神奈川県がん教育指導者研修講座開催要項について

(3)平成30年度 神奈川県外部講師を活用したがん教育授業実施校について

(4)神奈川県がん教育リテラシー調査の扱いについて

(5)外部講師の活用について

 

がん教育教材のご紹介

 神奈川県が独自に作成したスライド教材「がんを知ろう!」及び「教員用の指導用補助資料」について、ご紹介します。
なお、がんに関するデータや知識は日々研究されているため、本教材及び指導用補助資料については、毎年更新していきます。

 ※ 無断転用・転載は絶対に行わないでください。

その他の取組みのご紹介

第52回日本癌治療学会学術集会(平成26年8月30日)において、本県のがん教育の取組みの内容を報告しました。
当日の資料(PDF:1,209KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。