造血幹細胞移植の推進

掲載日:2018年4月6日

はじめに

白血病や再生不良性貧血などの治療法として、骨髄移植やさい帯血移植などの造血幹細胞移植が実施されています。移植の際には、患者と骨髄等提供者又は保存されているさい帯血の白血球の型が適合することが必要であり、造血幹細胞移植を必要とするすべての患者が移植を受けられるようにするためには、より多くのドナーやさい帯血の確保が重要です。
このため、平成3年度から公的骨髄バンク事業が、平成11年度から公的さい帯血バンク事業が実施されており、平成22年10月からは、末梢血幹細胞移植の段階的な実施が始まりました。
神奈川県においても、これらの事業に協力し、ドナー登録の受付や、「神奈川県造血幹細胞移植推進協議会」の開催をしています。

骨髄移植とは

骨髄は、骨の内部に存在するスポンジ状の組織で、その中に多くの造血幹細胞が含まれています。骨髄移植はドナーから骨髄液を吸引し、患者の静脈へ点滴で注入する治療法です。

さい帯血移植とは

分娩後、胎盤及びへその緒に含まれているさい帯血を採取し、その中に含まれている造血幹細胞を患者に移植して、造血機能を再生させる治療法です。

末梢血幹細胞移植とは

末梢血(全身を流れる血液)に、白血球を増やす薬を注射し、血液中の造血幹細胞が増えたところで、血液成分を分離する機器を使い造血幹細胞を採取し、骨髄移植と同様の方法で患者に注入する治療法です。

骨髄・末梢血幹細胞のドナー登録について

ドナー登録の要件

1 骨髄・末梢血幹細胞の提供の内容について十分に理解している方
2 年齢が18歳以上、54歳以下で健康な方
3 体重が男性は45kg以上、女性は40kg以上の方

登録受付

骨髄ドナー登録説明員養成講座の開催について

 骨髄や造血幹細胞を提供するドナーになっていただくためには、様々な要件があり、骨髄や造血幹細胞移植についてよくご理解いただいていることが前提となっていますが、これには、一定のカリキュラムを終えた説明員による説明が必要です。そこで、説明員養成のため、本講座を開講します。

骨髄ドナー登録説明員養成講座

日時 平成30年5月26日(土曜日) 10時から16時まで

会場 神奈川県総合医療会館 2階B会議室(横浜市中区富士見町3-1) 

横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅下車((4)出口から徒歩3分)

JR関内駅下車(南口より徒歩10分)

内容 午前:座学、午後:ロールプレーイング、修了式(受講修了証を交付します。)

対象

神奈川県内に在住、在勤または在学している18歳以上の方(但し、高等学校に在学している方を除く)で、骨髄ドナー登録に関心があり、説明員としてボランティア登録を行い、神奈川県内でボランティア活動が可能な方(ドナー登録説明員として、ドナー登録会に参加した場合、交通費と活動費が支払われます)

定員 10名以内(事前申込制)

参加費 無料 

申込締切 平成30年5月15日(火曜日)まで(必着)

申込方法 チラシ下方の申込書に必要事項をご記入の上、郵送またはファクシミリにて送付

神奈川県健康医療局保健医療部がん・疾病対策課 (がん・肝炎対策グループ)

郵送先:〒231-8588 横浜市中区日本大通1

ファクシミリ:045-210-8860

問合せ 神奈川県健康医療局保健医療部がん・疾病対策課(がん・肝炎対策グループ)

電話:045-210-1111(内線4739) (8時30分から17時15分 年末年始、土日祝祭日を除く)

主催 神奈川県

共催 神奈川県赤十字血液センター、神奈川骨髄移植を考える会

詳細は以下のチラシをご覧ください。

 骨髄ドナー登録説明員養成講座(PDF:284KB)

血液疾患医療講演会・個別相談会の開催について

血液疾患に対する県民や医療関係者の理解を深めるとともに、患者が抱える不安の解消を図ることを目的として、講演会及び個別相談会を開催します。

血液疾患医療講演会&個別相談会

※終了しました。

日時 平成30年3月10日(土曜日)
12時から16時30分まで

会場 神奈川県総合薬事保健センター 3階会議室 (横浜市磯子区西町14-11)
JR京浜東北線「根岸駅」下車 徒歩約2分

内容

医療講演会(12時から15時まで)

(1)悪性リンパ腫と白血病の診断と治療
講師 関東労災病院
血液内科 大野 伸広 先生

(2)骨髄異形成症候群(MDS)の診断と治療
講師 北里大学病院
血液内科 鈴木 隆浩 先生

(3)再生不良性貧血の診断と治療
講師 金沢大学附属病院
血液内科 中尾 眞二 先生

個別相談会(12時10分から16時30分まで)
大野先生、鈴木先生、中尾先生による個別相談(1人約20分程度)を医療講演会と併行して実施します。

定員 講演会70人(当日受付) 個別相談20人(事前予約制)
※個別相談は申込者多数の場合は抽選となります。

参加費 無料

申込要件 

申込期間 平成30年2月1日から3月1日(土日祝日を除く8時30分から17時15分)
申込方法 下記の申込み先まで、電話で申し込みをしてください。
なお、申込みの際は、相談内容及び希望時間をお伝えください。
申込み先 神奈川県健康医療局保健医療部がん・疾病対策課 がん・肝炎対策グループ
電話 045-210-5015

主催 神奈川県

共催 再生つばさの会・神奈川骨髄移植を考える会

詳細は以下のチラシをご覧ください。

血液疾患医療講演会&個別相談会チラシ[PDFファイル/51KB]

関連リンク

造血細胞移植患者手帳について

一般社団法人日本造血細胞移植学会において、同種造血細胞移植患者の方々の移植後の長期健康維持を図ることを目的として、「造血細胞移植患者手帳」が作成されました。
この患者手帳を活用することで、移植医療機関と地域の医療機関(かかりつけ医)が移植患者の情報を共有し、連携することで、移植患者の方々のQOLの向上を図ることに繋がりますので、ご活用ください。 

手帳に関する問い合わせについては、国が指定する造血幹細胞移植推進拠点病院である東海大学医学部付属病院へお問い合わせ下さい。


〔患者手帳に関する問合せ先〕
東海大学医学部付属病院
患者支援センター移植コーディネート室
〒259-1193伊勢原市下糟屋143
電話(0463)-93-1121(代表)

[患者手帳の主な内容]
移植施設への連絡方法
患者さんのプロフィール
移植、健康診断、生活習慣病、入退院の記録
移植施設から地域のかかりつけ医へ転院時の留意事項
患者さんの最近の状況
造血細胞移植後の予防接種スケジュール(例)
ワクチン接種の依頼、記録

造血幹細胞移植セミナーについて

 関東甲信越ブロック地区における造血幹細胞移植医療の地域連携強化を目指し、移植施設だけでなく地域の医療機関への情報共有を目的として開催します。

 参加申込みや、内容に関する問合せは、運営事務局の東海大学医学部付属病院へ直接ご連絡をお願いします。

平成30年度造血幹細胞移植セミナー

日時 平成30年5月19日(土曜日) 12時50分から14時まで

 関東地区ブロック会議(同日開催14時から16時まで)

会場 がん・感染症センター東京都立駒込病院別館講堂(文京区本駒込3-18-22) 

対象 関東甲信越ブロックにおいて、造血幹細胞移植に係わる医師、地域の医療機関の医師

交通費・宿泊費の支給あり

申込締切 平成30年5月2日(水曜日)

申込方法等の詳細は以下のチラシ又はURLをご覧ください。

平成30年度造血幹細胞移植セミナー(PDF:4,933KB)

URL:http://hsct.med.u-tokai.ac.jp/seminar.html

運営事務局 東海大学医学部付属病院(造血幹細胞移植推進拠点病院)事務局

TEL:0463-93-1121(内線:2237)E-mail:hsct@tsc.u-tokai.ac.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。