肝臓専門医療機関について

掲載日:2018年6月5日

はじめに

本県におきましては、平成20年4月からB型及びC型ウイルス性肝炎にかかる肝炎インターフェロン治療費の助成を実施しておりますが、要診療者の正確な病態の把握や治療方針の決定には、肝臓専門医療機関の関与が不可欠です。

そこで本県では、都道府県における肝炎検査後肝疾患診療体制に関するガイドラインにしたがって、肝臓専門医療機関を指定しております。

肝臓専門医療機関の指定要件

肝臓専門医療機関の指定には、以下の1から4を全て満たし、かつ5から8までのいずれか1つ以上の要件を満たしていることが必要です。

  1. 日本肝臓学会または日本消化器病学会に属する肝臓の専門医もしくはそれと同等の学識、技術を習得した医師が在籍していること
  2. 肝臓の専門的な知識を持つ医師による診断(活動度及び病期を含む)と治療方針の決定が可能であること
  3. インターフェロン治療、核酸アナログ製剤治療等の抗ウイルス療法が可能であること
  4. 肝炎患者の状態に応じた抗ウイルス療法を適切に選択及び実施し、治療後もフォローアップができること。
  5. 肝がんの高危険群の同定と早期診断が可能であること
  6. 肝がんに対する治療に対応できること
  7. 学会等の診療ガイドラインに準ずる標準的治療を行っていること
  8. 肝疾患についてセカンドオピニオンを提示する機能を持つか、施設間の連携によって対応できる体制を有すること

神奈川県指定の肝臓専門医療機関(PDF:528KB)

申請の方法

指定申請する場合

肝臓専門医療機関の指定を希望される医療機関は、肝臓専門医療機関指定申請書をがん・疾病対策課に提出してください。

申請内容に変更があった場合

申請内容と異なる事情が生じた場合は、速やかに肝臓専門医療機関変更届をがん・疾病対策課に提出してください。

指定要件が喪失した場合

肝臓専門医療機関としての指定要件を喪失した場合は、肝臓専門医療機関辞退届をがん・疾病対策課に提出してください。

神奈川県肝臓専門医療機関向けの手引きについて

肝炎治療医療費助成制度など、肝臓専門医療機関での手続きについてまとめた手引書を作成いたしました。

神奈川県肝臓専門医療機関で行う事務手続きの手引き(PDF:5,960KB)

神奈川県肝疾患診療ネットワーク事業実施要綱等について

地域の医療機関における肝炎患者に対して良質かつ適切な医療を提供できるよう肝疾患診療体制の整備及び推進を図るための規程です。

神奈川県肝疾患診療ネットワーク事業実施要綱(PDF:156KB)

神奈川県肝疾患診療ネットワーク事業実施要領(PDF:96KB)

問い合わせ

がん・疾病対策課 肝疾患担当

電話番号 045-210-4795

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。