腎疾患患者、透析患者の皆様へ(新型コロナウイルス感染症対策)

掲載日:2020年6月1日
新型コロナウイルス感染症が、国内の複数地域で発生しています。
感染症を拡大させないために、以下の点を意識していただくことが重要です。

感染症予防について

まずは、一般的な感染症対策や健康管理を心がけてください。

具体的には、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒などを行い、できる限り混雑した場所を避けてください。また、十分な睡眠をとっていただくことも重要です。

また、人込みの多い場所は避けてください。屋内でお互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごす際はご注意下さい。

発熱等症状がある場合

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに帰国者・接触者相談センターに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合 
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

(※)高齢者をはじめ、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)など)がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方

  • 上記以外の方が発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

 

 

御相談いただく際は、下記リンク先をご参照ください。

新型コロナウイルス感染症に対する「帰国者・接触者相談センター」の設置について

その他、風邪やインフルエンザ等の症状がある方については、通常と同様に、まずはかかりつけ医等に御相談ください。