神奈川県における庁舎等施設長寿命化の指針

掲載日:2019年9月12日

庁舎等施設長寿命化の取組みバナー

神奈川県における庁舎等施設長寿命化の指針について

 県では平成14年12月に「神奈川県県有施設長寿命化指針」を策定し、建築物系県有施設の維持更新に関する基本的な考え方を定め、施設の長寿命化に取り組んできました。

 平成29年3月には「神奈川県公共施設等総合管理計画」を策定して、建築物系県有施設やインフラを含む全ての公共施設等を対象に、施設の維持更新に関する基本的な考え方を明示し、また、個別施設類型ごとに個別施設計画の策定等を行うこととしました。

 そこで、この指針については、その対象を庁舎等施設に限定して名称を「神奈川県庁舎等施設長寿命化指針」に変更するとともに、個別施設計画策定にあたっての統一的な考え方(共通ルール)なども定めた指針とするため、2019年3月に改正しました。

 このページでは、「神奈川県庁舎等施設長寿命化指針」の内容についてお知らせしています。

 

トップページへ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa