かながわホームファーマーについて

掲載日:2021年12月17日

(令和3年度まで:中高年ホームファーマー)

令和4年度かながわホームファーマー体験研修生を募集します

令和4年4月から令和5年2月まで、年10回の研修等に参加しながら、ご自身で約100平方メートルの区画で野菜栽培を体験し、農業の基本的な知識や技術を学びます。

募集期間

令和4年1月4日(火曜)10時から令和4年2月3日(木曜)まで

募集地域

中井町、愛川町、座間市、大磯町、伊勢原市

詳しくは、下記の募集要項をご確認ください。

応募方法

募集要項の内容をすべて理解した上、「電子申請」により申し込んでください。

電子申請には必要事項(郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、年齢(令和4年4月1日現在)、メールアドレス、希望農園、かながわ農業サポーターへの申請意向の有無等)を記入します。

希望農園は第1希望から第5希望まで記入できます。

一家族1申請の応募に限ります。(複数応募した場合は、2つ目以降の申請は無効とします。)

募集要項は以下からダウンロードできます。

令和4年度かながわホームファーマー体験研修生募集要項(PDF:6,477KB)

募集期間になりましたら、以下をクリックし電子申請システムによる申し込みをしてください。

電子申請システムによる申し込み(令和4年度かながわホームファーマー体験研修生)

または、スマートフォン等で下の二次元バーコードを読み込むと申し込み画面が開きます。

かながわホームファーマー応募QRコード

令和4年度かながわホームファーマー体験研修生募集要項

荒れていた畑をあなたの手で活用!人生は農と共に

かながわホームファーマー事業とは?

(令和3年度までは中高年ホームファーマー事業)

神奈川県では農業の担い手の高齢化や減少、後継者不足などの問題を抱えており、耕作放棄地の発生抑制、活用が課題となっています。このため、県では、耕作放棄地を活用し農地の保全を図るとともに、県民の方々にゆとりといきがいの場を提供するため、また農業の担い手を確保するため、「かながわホームファーマ一事業」を実施しています。この事業では、県が耕作されなくなった農地を土地所有者から借り受け、農業を学びたいという意欲ある県民の皆さんに耕作していただきます。

体験研修とは?

体験研修生は、約1年間100平方メートルの区画で耕作を体験しながら、農業の基本的な知識や技術を学びます。その後も耕作を希望される方は、ホームファーマーとして約3年間、より広い区画で野菜の栽培にチャレンジすることができます。

本格的な耕作を目指しましょう!

体験研修を含め、この事業で2年以上耕作実績を積まれた方は、農家と同様に本格的な耕作に取り組むことができる、「かながわ農業サポーター」に申請することができます。日常の時間に余裕があり、本格的な耕作を目指して、農作物の栽培を学びたい方、神奈川の農地を守る意欲のある方の参加をお待ちしています。

体験研修生からの声

Aさん

クワの持ち方から農地の管理(除草等)まで、初心者にも分かりやすく充実した内容でした。病害虫の相談も対応していただけましたし、また研修生同士で交流が図れたことで、自己流だった自己流だった野菜づくりの改善が見えたことも大きな収穫でした。

Bさん

研修で教えていただいたことを念頭に、皆さんから話を聞き、それぞれの農園の様子を見ながら農作業に取り組みました。誘引、芽の摘み取り、枯れた葉の除去、草取り、追肥など、やることはたくさんあり、週2回の来園ではいつも、予定していたものより倍近い農作業に追われました。しかし、汗を流し、農作業に従事していると、他のことは忘れてしまい、気持ちの良い時間を過ごせました。

Cさん

とても楽しかったです。野菜を栽培する経験も貴重なものでしたが、これを生業としている農家さんの苦労をより実感することができたのがよかったです。単に生長させるだけでなく、色や形をきれいに育てる。農薬を使いながらもいかに使用回数を減らしていけるか。また、草刈りなど、普段からの畑の手入れ。天候を見極めながらの、播種、定植、収穫などの作業の段取りと進め方など。そうした大変さを少しでも実感できたのはとても貴重な経験となりました。

Dさん

これまでに自己流での家庭菜園の経験は多少ありましたが、体験研修を受講することで、栽培方法はもとより、薬剤の正しい使用方法や農業機械使用時の安全管理など、あらためて農作業と栽培の基本を、知識だけでなく実際の作業、講習を通じて学び、農作物を栽培するということについて、より広く考えられるようになりました。

さらに本格的な耕作への、ステップアップを目指しましょう!

体験研修からホームファーマーへの流れ

1.体験研修生募集・応募

2.抽選・当選

3.体験研修生(期間:令和4年4月から令和5年2月までの約1年間)

栽培に関する研修や指導:

研修(座学・実技)10回/年、巡回指導10回/年

農園での耕作:

1人あたりの区画面積は、約100平方メートル

栽培できる作物は、野菜や草花、その他1年生植物に限られます。

研修には当選者本人が、必ず参加し、耕作も御自身で責任をもって行ってください。

新型コロナウイルス感染症の拡大や異常気象等により、一部の研修等が中止になる場合があります。

4-1.体験研修終了後耕作を希望する場合、ホームファーマー(期間:令和5年4月から令和8年2月までの約3年間)

体験研修への出席状況や耕作状況などの一定の基準を満たし、引き続き耕作できると県が認めた方は、体験研修農園とは別のホームファーマー農園(200平方メートル/人程度の区画面積)で約3年間耕作していただきます。

  • 農園の利用にあたっては、自分の借りた農園周囲や共用スペースの草刈りなどの管理に協力していただきます。
  • 周囲の農家や住民に迷惑をかけないため、地域のルールを守ってください。
  • 農地所有者の事情等により3年の間に農園の場所を移動したり、3年より耕作期間が短くなることがあります。
  • 農園の貸付契約は1年ごとに更新します。更新の際は利用料等の条件が変わることがあります。
  • 耕作状況やマナーに問題がある場合などは、耕作の継続をお断りする場合があります。
  • ホームファーマー農園を耕作するのは、当選者御本人となります。

ホームファーマーとしての耕作は3年間で終了となります。

体験研修を含めて2年以上の耕作実績のある方はかながわ農業サポーターへの申請ができます(希望者)

ホームファーマーとして体験研修を含めて2年以上野菜の耕作実績があり、ホームファーマーより広い農地(1,000から3,000平方メートル)で本格的な農業に取り組む意欲と能力がある方は、「かながわ農業サポーター」に申請することができます。(体験研修開始年から5年以内です)
「かながわ農業サポーター制度」については、かながわ農業サポーター制度の御案内を参照してください。

(参考)令和3年度かながわ農業サポーター受入市町村

横浜市、鎌倉市、葉山町、相模原市、厚木市、大和市、座間市、綾瀬市、清川村、平塚市、秦野市、伊勢原市、大磯町、二宮町、小田原市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、湯河原町

4-2.体験研修終了後耕作を希望しない場合、終了

中井体験研修農園

中井農園位置図

所在地:中井町井ノロ地内
募集定員:13名
交通:東名高速道路・秦野中井インターチェンジから約2.2キロメートル
問合せ先
神奈川県県西地域県政総合センター地域農政推進課
〒250-0042小田原市荻窪350-1
電話(0465)32-8000(代表)内線2615

愛川体験研修農園

愛川農園位置図

 

所在地:愛川町角田地内(研修は座間農園で合同で行います。)
募集定員:3名
交通:県道65号線愛川町役場から約2キロメートル
問合せ先
神奈川県県央地域県政総合センター地域農政推進課
〒243-0004厚木市水引2-3-1
電話(046)224-1111(代表)内線2414

座間体験研修農園

座間農園位置図

 

所在地:座間市四ツ谷地内
募集定員:6名
交通:国道246号線「下今泉」交差点から約1.2キロメートル
問合せ先
神奈川県県央地域県政総合センター地域農政推進課
〒243-0004厚木市水引2-3-1
電話(046)224-1111(代表)内線2414

大磯虫窪体験研修農園

大磯虫窪農園位置図

 

所在地:大磯町虫窪地内
募集定員:6名(うち3名については抽選の際、湘南地域在住者を優先します。湘南地域;平塚市、藤沢市、茅ケ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町)
交通:小田原厚木道路大磯インターチェンジから約1.3キロメートル
問合せ先
神奈川県湘南地域県政総合センター地域農政推進課
〒254-0073平塚市西八幡1-3-1
電話(0463)22-9281(直通)

伊勢原体験研修農園

R4伊勢原農園

 

所在地:伊勢原市上粕屋地内(研修は大磯虫窪農園で合同で行います。)
募集定員:3名
交通:県道相模原大磯線「西富岡」交差点から約1キロメートル
問合せ先
神奈川県湘南地域県政総合センター地域農政推進課
〒254-0073平塚市西八幡1-3-1
電話(0463)22-9281(直通)

応募資格

次の全ての条件にあてはまる方とします。

  • 農作業ができる健康な成人で、県が平日に実施する研修の全てに当選者本人が参加できる意欲と意志のある方
  • 約1年間、当選者本人が御自身で通い、約100平方メートルの区画全体を耕作できる方
  • 体験研修終了後、さらに広い面積(200平方メートル程度)の畑を約3年間耕作する意欲のある方
  • 過去に中高年ホームファーマ一体験研修を受講したことがない方

研修期間

令和4年4月から令和5年2月まで

御用意していただくもの

  • 研修費用年間30,000円
  • くわ等の農作業用具や農業資材、肥料、農薬、作業に適する服やくつなど
  • 御自身が管理する区画で栽培したい作物(1年生植物に限る)の種や苗

募集期間

令和4年1月4日(火曜)10時から令和4年2月3日(木曜)まで

選考方法

応募者が多数の場合は、農園ごとに抽選を行い、体験研修生を決定します。抽選の際は、神奈川県在住の方、また将来的に「かながわ農業サポーター」に申請する意向をお持ちの方を優先します。第2希望以降の記入の有無にかかわらず、選考は第1希望から公平に行います。また、大磯虫窪農園で抽選を行う際は、募集定員のうち3名は、湘南地域(平塚市、藤沢市、茅ケ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町)在住者を優先します。なお、抽選の結果については、令和4年2月下旬までにお知らせします。

注意事項

  • 耕作していただく農園は「耕作放棄地」を復元し、整備した農地です。雑草が繁茂しやすい、石があるなど条件が悪い場合があります。
  • 野生鳥獣により農作物に被害を受けることがあります。
  • トイレや水道などは整備していません。
  • 物置など工作物を置くことはできません。
  • 体験研修の受講は約1年間で、複数年受講することはできません。研修期間終了後は作物や資機材を除去し、整地のうえ返還してください。
  • 体験研修中に各自の管理する区画内で耕作された作物は、区画を管理する研修生のものとなります。
  • 体験研修終了後にさらに広い区画での耕作を希望され、県が認めた場合は、次年度から約3年問、ホームファーマーとして体験研修農園より広い200平方メートル程度の区画での耕作が可能です。(利用料金は、1年間100円/平方メートルを予定しています。)
  • 研修への出席状況や耕作状況により、ホームファーマーとしてステップアップが認められない場合があります。
  • ホームファーマーとして耕作する場合は、次のことに御留意ください
  • 農地所有者の事情等により、3年間継続して耕作することができない場合があります。(途中で農園を移動していただく場合があります。)
  • 体験研修農園とその後耕作する農園の場所(市町村)が異なる場合があります。
  • 農園の貸付契約は1年間毎に行います。
  • 更新は最長2回(3年間)までとし、更新の際は条件が変わることがあります。
  • 雑草を繁茂させる農法をしたり、耕作状況に問題がある場合は、貸付契約の更新を認めない場合があります。
  • 農園の耕作にあたって「借地権」や「耕作権」などの権利は生じません。
  • 研修中や耕作中の事故については、県に明らかな過失がある場合を除いて、県は責任を負いません。健康管理に十分な配慮をし、保険等に御加入いただくなど、各自で対応をお願いします。
  • 体験研修農園を事前に見学する場合は、農圏内及び周辺の農地に立ち入ったり、農作業を妨げたりしないようにしてください。
  • 農園は公共交通機関では行きにくい場所にあります。自動車やオートバイなどで通われることを想定しています。

申込みにあたっての確認事項

以下の項目を確認のうえ、応募してください。

  • 募集要項の内容をよく読み、すべてを理解しました。
  • 体験研修への出席、農園の利用は当選者本人が行うことを理解しました。
  • 農園は、耕作放棄地を復元した農地のため、除草など耕作に困難が伴うことを理解しました。
  • 体験研修を終了後、約3年間に限り、ホームファーマーとして耕作できることを理解しました。
  • 農園にトイレや水場などの施設がないことを理解しました。
  • 農園の利用にあたっては、農園の周囲や共用スペースを草刈りするなどの管理をします。
  • 周囲の農家や住民に迷惑をかけないため、地域のルールを守ります。
  • 体験研修終了後は、農園を移動してホームファーマーとして耕作することを理解しました。
  • 農地所有者の事情等で農園を移動することや、ホームファーマーとしての耕作期間が3年より短くなる可能性があることを理解しました。
  • ホームファーマーの契約更新時は、条件が変わる可能性があることを理解しました。
  • 農園の耕作にあたって「借地権」や「耕作権」などの権利は生じないことを理解しました。
  • 耕作状況やマナーに問題がある場合は貸付契約の更新ができない場合があることを理解しました。
  • 野生鳥獣により農作物に被害を受けることがあることを理解しました。
  • 物置など工作物を置いてはいけないことを理解しました。

応募方法

  • 必ず電子申請で申し込んでください。
  • 入力項目は以下のとおりです。
  1. 郵便番号
  2. 住所
  3. 氏名(ふりがな)
  4. 電話番号(日中連絡がとれる番号としてください)
  5. メールアドレス
  6. 年齢(令和4年4月1日時点)
  7. 希望農園
  8. かながわ農業サポーターへの申請意向の有無
  9. 選考に外れた場合のNPO法人等が実施する農業研修の案内の希望の有無(希望者の住所・氏名を提供し、後日法人から御案内をお送りします)
  10. 上記「申込みにあたっての確認事項」のチェック
  • 希望農園は第1希望から第5希望まで記入できます。(第2希望以降の記入があれば、第1希望農園での当落決定後の調整により、他農園で当選できる場合があります。)
  • 一家族1申請の応募に限ります。(複数応募した場合は、2通目以降の申請は無効とします。)

電子申請システムによる申込み

募集期間になりましたら、以下をクリックし電子申請システムによる申し込みをしてください。

電子申請システムによる申し込み(令和4年度かながわホームファーマー体験研修生)

または、スマートフォン等で下の二次元バーコードを読み込むと申し込み画面が開きます。

かながわホームファーマー応募QRコード

中高年ホームファーマー事業について(令和4年度よりかながわホームファーマー事業に名称変更します)

事業目的

「中高年ホームファーマー事業」は、農業の担い手の高齢化や減少、後継者不足などにより課題となっている耕作放棄地を有効活用するとともに、県民の皆様にゆとりと生きがいの場を提供することを目的に平成14年度から実施しています。

仕組み

中高年ホームファーマー事業は、耕作されていない農地を県が土地所有者から借り受けて復旧した後、市民農園として整備し、意欲ある県民の皆様にお貸ししています。

最初の1年間は、県が実施する基礎的な栽培技術の研修(10回程度、平日に実施)を受講しながら、約100平方メートルの畑を耕作していただきます。

研修終了後も耕作を希望され、県が耕作可能と認めた方には研修終了後から3年間、「中高年ホームファーマー」として、さらに広い面積の農園に移動して、野菜づくりを楽しみながら、農地の保全の一翼を担っていただきます。

より本格的な農業を目指す方は「かながわ農業サポーター」へ申請することもできます。

中高年ホームファーマー事業のしくみ[PDFファイル/146KB]

体験研修の様子1

体験研修の様子の写真1

体験研修の様子2

体験研修の様子の写真2

巡回指導の様子

巡回指導の様子の写真

農業機械研修

農業機械研修の写真

中高年ホームファーマー事業の全般についての問合せ先

環境農政局農政部農地課農地活用グループ(045)210-4475(直)

各農園に関する問合せ先

中井体験研修農園

神奈川県県西地域県政総合センター農政部地域農政推進課
〒250-0042小田原市荻窪350-1 電話(0465)32-8000(代表)内線2615

愛川体験研修農園・座間体験研修農園

神奈川県県央地域県政総合センター地域農政推進課
〒243-0004厚木市水引2-3-1
電話(046)224-1111(代表)内線2414

大磯虫窪農園・伊勢原農園

神奈川県湘南地域県政総合センター地域農政推進課
〒254-0073平塚市西八幡1-3-1
電話(0463)22-9281(直通)

関連情報

オレンジホームファーマー事業について

かながわ農業サポーター事業について

市民農園について
市町村などが運営している市民農園についてはこちらを御覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。