土地改良事業実施地区からのお知らせ

掲載日:2018年10月18日

農村振興整備事業 諸磯小網代地区(三浦市)

はじめに

三浦市は神奈川県の南東部にあり、東京湾と相模湾を分ける三浦半島の南端に位置しています。冬暖かく、夏涼しい、海洋性気候の特性を活かした露地野菜中心の農業が盛んに行われています。

事業の概要

土地改良区の位置(神奈川県の地図)
諸磯小網代地区の神奈川県内位置図

諸磯小網代地区は、三浦市の南西部に位置し、周囲を市街化区域に囲まれた生産性の低い谷戸田(やとだ)でしたが、平成2年から平成21年にかけて農地造成が行われ、まとまった農地となりました。現在は農業経営の改善を図るため、畑地かんがい施設を整備して、より生産性の高い畑へと整備しています。

国事業名

水利施設等保全高度化事業

(特別型/畑地帯担い手育成型)

地区名 諸磯小網代地区

 

総事業量

管路工 4,118メートル

農道工 5,036メートル

畑地かんがい施設 1式

総事業費 300百万円
事業年度 平成27年度から平成33年度

 

負担割合

国 50%

神奈川県 25%

地元 25%

事業主体

神奈川県

主要作物 大根・キャベツ・スイカ等

地区の今昔

平成2年から平成21年にかけ、基盤整備促進事業により、
谷筋(たにすじ)にあった田んぼが、生産性の高い畑に生まれ変わりました。

整備前

整備前の航空写真

 

右矢印
整備後

整備後の航空写真

 

新田工区の写真
 
 
ぐみが作工区の写真

 

 

基盤整備した土地を活用した取り組み

神奈川県は、三浦市諸磯小網代(もろいそこあじろ)土地改良区の協力を得て、農地・農業等の魅力や大切さを知っていただく取り組みをおこなっています。

かながわ農業大発見!三浦フレッシュやさい栽培収穫体験

大根を収穫するようす基盤整備をした畑で大根の収穫体験をするようす