企業等と連携した取組事例3

掲載日:2018年4月17日

事例3 ソニー株式会社・THK株式会社と連携した田んぼの保全活動

近年、企業においては、CSR活動として環境に関する取組みをおこなった、ボランティア休暇を設けるなど従業員を積極的にボランティアに派遣したり、活動に対して支援するなどしています。また、従業員にとってもボランティア活動への関心が高まっていることなどから、企業に対して活動に参加していただけるボランティアについて協力を求めるとともに、活動の場を提供する活動も行っています。

厚木市の西部に位置する厚木市七沢里地里山保全等地域で活動を行っている七沢里山づくりの会では、市内の企業や大学、市民ボランティア等と連携し、里地里山の自然環境や生活文化を次世代に引継ぐことを目的に活動を行っています。今年度からは厚木市内の企業、ソニー株式会社とTHK株式会社の社員の方が農作業や炭焼き作業のお手伝いをすることで連携の輪が広がっています。

協力する内容
七沢里山づくりの会(地元) ソニー株式会社・THK株式会社(企業)

田植えや稲刈りなどの体験イベントの開催

参加者への作業の指導

収穫祭の開催

田んぼでの田植え及び稲刈り、その他管理作業の手伝い

炭焼き作業の手伝い

田植えの様子(5月)
田植えの様子 田んぼの稲

田んぼの土は独特で、気をつけないと足が抜けなくなります。

ロープが張られていたので、綺麗に苗を植えられました。

植えたお米は2種類で、うるち米は「ハルミ」、もち米は「喜寿(キジュ)」です。

炭焼き活動の様子(6月)
炭焼き作業の様子1 炭焼き作業の様子2

炭焼き窯に入っていた炭を出し終えると、顔・体中まっくろです。

会の方があらかじめ切り出しておいた幹を、手渡しリレーで木材置き場に運び、

炭焼き窯に入る大きさに切ります。

畑・田んぼのの管理作業の様子(8月)
畑の草取り 田んぼの草取り

猛暑のなかの雑草とりは大変です。

日当たりがよいのは作物にとって良いことですが、日陰が恋しいです。

炭出し作業・炭加工作業の様子(9月)
炭の切り出し作業 炭梱包作業

炭焼き窯に入っていた炭を取り出します。

取り出した炭は10cm程に切り、箱に詰めます。

この炭は、かながわ屋の里地里山フェアでも販売されました。

稲刈り作業の様子(10月)
稲刈り作業 稲刈り作業

5月に植えた稲が立派に育ちました。

手刈りは大変ですが、その分収穫の喜びはひとしおです。

収穫祭の様子(11月)
収穫祭1 収穫祭2

10月に刈ったもち米を、杵と臼を使ってお餅にしました。

つきたてのお餅は、とても柔らかくもちもちしており、

きなこ・あんこ・からみ餅にしていただきました。

他にも豚汁や焼きそば、焼肉等が振る舞われ、美味しくいただきました。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa