かながわの里めし(里地里山の郷土料理)菩提

掲載日:2018年4月17日

第2回 表丹沢菩提里山づくりの会の里めし

表丹沢菩提里山づくりの会は、秦野市菩提の里山で活動をする団体です。年間を通して棚田の再生や農地の復元をはじめ様々な活動をしています。

「津久井在来」の大豆をつかった料理

「津久井在来」の大豆は、郷土食の材料として相模原市津久井地域で古くから栽培されてきた大豆です。糖質が高いため甘味が強く、煮豆でも煎り豆でも、味付けしなくてもおいしく食べられるそうです。加工用にも適しているため、味噌や豆腐、納豆をつくったりして、郷土の味として親しまれています。

津久井在来の大豆でつくった味噌 津久井在来大豆の煮物

手作りの味噌。特産のピーナツを加える

など、いろいろおいしい食べ方を工夫して

います。

津久井在来大豆のシナモン煮!

ぜひ一度食べてみたいですね。

菩提のラーメン 地元の竹の子のメンマ 地元で収穫したこんにゃく芋でつくったこんにゃく
地元の里山で栽培した小麦を使って麺を打った、本格的なラーメン!メンマも地元産の竹の子で作っています。 メンマだけ、つまみで食べてもおいしそう。 ここでも、地元で収穫したこんにゃく芋で、こんにゃくを作っています。

 

 
本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる