「地域見守り活動」の輪がさらに拡がります!
新たに2つの民間事業者と協定を締結しました

掲載日:2020年3月26日
2020年03月26日
記者発表資料

県では、誰もが孤立せず、地域で安心して暮らしていけるよう、平成24年5月から、業務で個人宅を訪問する事業者と「地域見守り活動に関する協定」を締結しています。
この度、新たに2つの民間事業者と協定を締結しましたので、お知らせします。

1 目的

孤立死・孤独死等のおそれがある世帯をいち早く発見し、行政の支援につなげることで、孤立死・孤独死等を未然に防止します。

2 「地域見守り活動」の概要

県と協定を締結した事業者は、業務で個人宅を訪問した際に、新聞が溜まっているなどの異変を感じ、生命の危険が予見される場合は、市町村や警察署、消防署に通報していただきます。

参考資料1「地域見守り活動に関する協定に基づく協力体制イメージ」参照(PDF:104KB)

今回、新たに次の2つの民間事業者と協定を締結することにより、県との協定締結事業者等は60となりました。「地域見守り活動」の輪がさらに拡がり、県民の皆さんが住み慣れた地域で安心して暮らしていくための大きな力となります。

参考資料2「地域見守り活動に関する協定締結事業者等一覧」参照(PDF:177KB)

3 新たに締結した民間事業者(五十音順)

(1)公益財団法人日本賃貸住宅管理協会神奈川県支部

(2) HITOWAライフパートナー株式会社KEiROW事業部

4 協定締結日

令和2年3月26日(木曜日)

5 運用開始日

令和2年5月1日(金曜日)

6 対象地域

県内全域

問合せ先

福祉子どもみらい局福祉部地域福祉課

課長 長島
電話 045-210-4740

地域福祉グループ 細川
電話 045-210-4750

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。