第11回神奈川県バリアフリー街づくり賞の表彰候補者を募集します!

掲載日:2018年7月30日

  県では、誰もが自らの意思で自由に移動し、社会に参加することができるバリアフリー・ユニバーサルデザインの街づくりを推進するため、平成20年度より「神奈川県バリアフリー街づくり賞(知事表彰)」を実施しています。

この度、第11回目の標記表彰を実施するに当たり、バリアフリー・ユニバーサルデザインの街づくりに取り組んでいる施設・活動を募集します。

皆様の積極的なご応募をお待ちしております。

神奈川県バリアフリー街づくり賞表彰実施要綱(ワード:42KB)

神奈川県バリアフリー街づくり賞表彰実施要領(ワード:41KB)

1 表彰の対象

(ハード部門)
神奈川県内に所在し、平成25年4月1日以降に新築等の整備がなされた施設の設置者、設計者又は施工者
※神奈川県みんなのバリアフリー街づくり条例に適合している施設(ただし書き適用を含む。)が対象となります

(ソフト部門)
神奈川県内で現に行われており、平成30年4月1日現在で原則として2年以上の活動実績がある団体又は個人

2 応募方法

推薦・応募書に必要事項を記入し、必要書類を添えて応募先に郵送又は直接お持ちください。提出書類は、文書での提出に加え、電子データでの提出も併せてお願いします(必ず文書で正副2部提出してください)。
自薦、他薦は問いませんが、他薦の場合は表彰候補者の同意を、またハード部門の場合は施設の設置者、設計者及び施工者の同意を得てからご応募ください。なお、提出書類はお返ししません。

推薦・応募書 ハード部門(ワード:50KB)/ソフト部門(ワード:42KB)

記載例 ハード部門(ワード:59KB)/ソフト部門(ワード:50KB)

3 締切

平成30年9月21日 金曜日 (郵送の場合、当日消印有効)

4 審査及び表彰

学識経験者等で構成される審査会での審査(審査会当日に、聞き取り調査を行います。ハード部門の場合は事前に現地調査も行います。)を経て、知事が受賞者を決定し、表彰します。
(表彰式は平成31年1月から2月の間で予定しています)

5 結果発表

受賞が決定した者(団体)については、推薦・応募された方にお知らせします。なお、受賞者(団体)等については、受賞の概要をホームページでお知らせいたします。

6 応募先及び問い合わせ先

神奈川県 福祉子どもみらい局 福祉部 地域福祉課
〒231-8588 横浜市中区日本大通1(新庁舎エネルギーセンター棟1階)
電話 045-210-4748(直通) 電子メール barrierfree@pref.kanagawa.jp

(参考)表彰対象の事例

(ハード部門)
誰もが利用しやすいように、エレベーター、通路、部屋、トイレ、駐車場等が整備されている。
(出入口が広い、点字・絵文字表記がある、音声案内がある、オストメイト設備があるなど)
カラーバリアフリーに配慮されている。
設計段階から障害当事者が参加して、誰もが利用しやすい施設整備に取り組んでいる。
既存建築物のバリアフリー化に取り組んでいる。

(ソフト部門)
障害者・高齢者等とのふれあい交流活動や疑似体験講座を実施している。
障害者・高齢者等の外出を支援するため、街のバリアフリー点検やバリアフリーマップ作成、介助活動等を行っている。
心のバリアフリーを普及させるため、社員教育(手話通訳、車いす介助等)、市民活動、小中高等学校における教育活動を行っている。
情報発信のバリアフリー化を推進する活動を行っている。

これまでの受賞事例は、こちらをご覧ください

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる