福祉・介護のしごとの先輩にきいてみよう! 2

掲載日:2018年10月11日

石田博己さん
(デイサービス課係長)

現職までのキャリア

特別養護老人ホーム運転職→デイサービススタッフ→デイサービス課係長

キャリアアップ

訪問介護員2級、社会福祉士、介護支援専門員(ケアマネジャー)

私はデイサービスのサービス担当責任者として仕事をしています。デイサービスは在宅で生活をしている高齢者の方が利用しているサービスで、食事、体操、入浴、レクリエーションなどを通して住み慣れた地域での生活を支えるサービスです。デイサービスでは介護職や看護職、栄養士などさまざまな専門職が働いています。利用者のかたへのサービスをそれぞれの専門職の特性を出し協働して一つの目標に向かっていかれるようにするかコーディネートする仕事をしています。相談業務では、利用者の方や家族の方、居宅介護支援事業所や他の事業所との連携を取れるように連絡調整する仕事もあります。

介護の仕事を始める前は、会計事務所で仕事をしていましたが、「自分にはもっと合っている仕事があるのではないか」「やりがいを感じる仕事があるのではないか」と考えるようになりました。そんなときに社会人サークルの先輩から特別養護老人ホームでのボランティアの誘いがありました。ボランティアをしてすごした1ヶ月の体験が介護の仕事をするきっかけになりました。最初はわけもわからず何とかやってみようという気持ちで仕事に取り組んでいましたが、やり方や考え方などが人により違うということに気がつきました。そこで「勉強をして自分の考えで仕事をしたい」と考え、特別養護老人ホームで運転職やデイサービス補助員などで働きながら、夜間の専門学校に通いました。

利用者の方や家族の方の希望に沿った対応ができたときは本当にうれしく思います。何気ない声かけやトイレ介助、入浴介助などのときに感じることもあります。援助について試行錯誤しながらベストの対応を見つけ出し、利用者のかたの笑顔につながったときは喜びとともに充実感も感じますね。

介護の仕事は、学ぶことが多い仕事だと感じています。介護の仕事をする前は「簡単にできそうだ」と思っていたけれど実際はそうではなかった。失敗をして悔しさを感じることもあります。勉強しなくては、身につけていかなくてはとやればやるほど思えるような仕事です。そして、個人で感じる充実感やチームで作り上げることにより得られる充実感など、さまざまなやりがいを感じることができる職業であると実感しています。我こそはと思う方は是非、介護の仕事に飛び込んできてください!

石田博己さん

石田博己さん

利用者の方と

利用者の方と