福祉・介護のしごとの先輩にきいてみよう! 1

掲載日:2018年10月11日

星野和子さん
(介護支援専門員(ケアマネジャー))

現職までのキャリア

訪問介護員→特別養護老人ホーム介護職→訪問介護サービス提供責任者→介護支援専門員(ケアマネジャー)

キャリアアップ

訪問介護員2級、介護福祉士、介護支援専門員(ケアマネジャー)

私は、居宅介護支援専門員(ケアマネジャー)として、在宅の高齢者の方が住みなれた地域で生活ができるように必要なサービスをコーディネートする仕事をしています。事務所の仕事だけではなく、毎月必ず利用者の方のお宅に訪問しています。

私が介護の仕事をしてみようと思ったのは、両親の他界や子どもの高校卒業を機に「自分は今まで何をしてきたのか…」と考えるようになった頃、ホームヘルパー2級研修の広告に書いてあった「あなたを待っている人がいる」という言葉に心を打たれ、「試験もなく簡単に取れるならやってみようかな」と思い研修を受けたことがきっかけです。「お金を稼げる人」になりたかったという思いもありました。

施設の介護職の仕事を始めた頃は、認知症の方とうまくコミュニケーションがとれないことに戸惑いを感じたことも正直なところありましたが、毎日利用者の方と接するうちに信頼関係が形成できてくると、自分のほうが逆に利用者の方に癒されたり、励まされたりしていることに気づかされました。

介護の仕事は、利用者の方の笑顔を見えるということが魅力だと思います。日常の仕事では、手を抜かない丁寧な対応をすること、フットワークよく動けるように「手まめ、口まめ、足まめ」という3まめを心がけています。利用者の方が希望している生活と必要なサービスがぴったり合うと本当にやりがいを感じます。私たちはその人の人生の最後の場面に関わっています。やさしさだけではできない厳しい仕事ですが、その人の生活の中に小さなことでも利用者の方が「よかった」と思えることを作ることができたときは本当にうれしく思います。

石の上にも3年という言葉がありますが、この仕事にも同じことが言えると思います。とにかく3年、がんばってみてください。がんばっているうちにやりがいや自分のやりたかったことがきっと見つかるはずです。つらくて大変なこともいっぱいあると思いますが、利用者の方の笑顔を見るとそんな気持ちも吹き飛びます。是非皆さんもチャレンジしてみてください!

星野和子さん

星野和子さん