“社会を明るくする運動”-犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ-

掲載日:2018年6月27日

“社会を明るくする運動”とは

“社会を明るくする運動” -犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ-は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動で、本年度(平成30年)で68回目を迎えます。

法務省 “社会を明るくする運動”ホームページ
法務省社会を明るくする運動ホームページ

日本更生保護協会 社会を明るくする運動「おかえり」サイト http://www.kouseihogo-net.jp/okaeri/

法務省横浜保護観察所ホームページ
http://www.moj.go.jp/hogo1/soumu/hogo_k_yokohama_yokohama.html

更生保護のマスコットキャラクター
更生ペンギンのホゴちゃんとサラちゃん

ホゴちゃんとサラちゃん
 

“社会を明るくする運動”内閣総理大臣メッセージ伝達式

第68回“社会を明るくする運動”の実施にあたり、平成30年6月7日、県庁第三応接室において、“社会を明るくする運動”神奈川県推進委員会から黒岩知事へ、内閣総理大臣メッセージの伝達が行われました。

内閣総理大臣メッセージ伝達式写真1

内閣総理大臣メッセージ伝達式写真2

黄色い羽根

みなさんの胸元につけられた「黄色い羽根バッジ」は、“社会を明るくする運動”のシンボルマークである黄色のひまわりをイメージし、また、刑期を終え出所した男性をあたたかく迎える夫婦愛を描いた映画「幸せの黄色いハンカチ(昭和52年 山田洋次監督)」にヒントを得たものです。
「黄色い羽根」には、私たちの社会が、過ちを犯した人たちが悔い改めて罪を償い、地域社会で生き直そうとすることを支え、絶対に再び犯罪に手を染めさせないというネットワークを大きく広げていきたいという思いが込められています。

※ 内閣総理大臣メッセージは、こちら(PDF:55KB)です。

県内の主な取組み(平成29年度)

本県では、県知事を委員長とした「“社会を明るくする運動”神奈川県推進委員会」により、様々な活動が行われています。

中区街頭啓発キャンペーン

平成29年7月22日(土曜日)、関係者約400人が参加し、街頭キャンペーンを実施しました。 

横浜市立港中学校吹奏楽部の演奏と共に横浜中華街大通りをパレードし、同校の演奏と横浜女学院高校チアリーディング部によるパフォーマンスを行うなど、華やかなイベントとなりました。
 

中区街頭啓発キャンペーン

 

横浜F・マリノス試合会場での広報活動

 平成29年8月26日(土曜日)、横浜F・マリノス試合会場(日産スタジアム:横浜市港北区)において広報活動を実施しました。

 「ホゴちゃんぬりえ」を実施したほか、試合のハーフタイムに“社会を明るくする運動”の横断幕・のぼり旗を掲げ、競技場内を一周しました。

横浜F・マリノス試合会場での広報活動

川崎フロンターレと築く明るい麻生区少年サッカー教室

平成29年9月23日(土曜日),川崎フロンターレ麻生グラウンド(川崎市麻生区)において,川崎フロンターレのコーチ4名の指導によるサッカー教室を開催し,麻生区内の小学生50人が参加しました。
 

併せて、クラブハウスの見学や、選手との写真撮影会なども実施しました。 

川崎フロンターレと築く明るい麻生区少年サッカー教室

湘南ベルマーレ試合会場での広報活動

平成29年7月29日(土曜日),湘南ベルマーレ試合会場(ShonanBMWスタジアム平塚:平塚市)において,関係者約100名が参加し,広報活動を実施しました。
 

また,試合のハーフタイムに“社会を明るくする運動”の横断幕・のぼり旗を掲げ,競技場内を一周しました。

湘南ベルマーレ試合会場での広報活動

秦野市「いきいき少年少女スポーツ教室」

平成29年7月8日(土曜日)、秦野市総合体育館において、東海大学男子バレーボール部監督ほか、2名の部員の協力を得て、バレーボール教室を開催しました。秦野市内のスポーツ少年団から小学生約60名が参加し、バレーボールを学びました。
 

秦野市「いきいき少年少女スポーツ教室」

作文コンテスト

全国の小・中学生を対象に、日常の家庭・学校生活の中で体験したことをもとに、犯罪・非行のない地域社会づくりや犯罪・非行をした人の立ち直りについて考えたこと、感じたことなどを作文にするものです。

平成29年度は、県内から9,752点に及ぶ力作が寄せられ,横浜市の中学生が、“社会を明るくする運動”中央推進委員会において、日本更生保護協会理事長賞(優秀賞)を受賞しました。
 

作文コンテスト

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。