柔道整復施術療養費の受領委任の取扱いの中止について
 

掲載日:2019年12月2日
2019年12月02日
記者発表資料
(関東信越厚生局同時発表)

柔道整復師の施術に係る療養費について、関東信越厚生局神奈川事務所及び神奈川県との共同による監査を実施した結果、次のとおり柔道整復施術療養費(以下、「療養費」という。)の受領委任の取扱いを中止としましたのでお知らせします。

1 受領委任の取扱いの中止となる柔道整復師

施術管理者氏名 張 霊雲(ちょう れいうん)(57歳)
施術所名 桂林堂整骨院
施術所所在地 神奈川県横浜市港北区日吉本町1-3-18甲南ビル1階
開設者 張 霊雲

2 受領委任の取扱いの中止年月日

令和元年12月3日 (当該柔道整復師は、以後原則5年間は新たに療養費の受領委任の取扱いができない。なお、開設者についても、以後原則5年間は新たに療養費の受領委任の取扱いができない。)

3 受領委任の取扱いの中止措置に至った経緯

 保険者から、当該施術所の療養費の請求内容に疑義があるとして複数の患者に対し通院場所等の照会を行ったところ、当該施術所ではなく、受領委任の申し出において承諾をしていない同一開設者が経営する別の店舗に通院をしていることが明らかになったとの情報提供が関東信越厚生局神奈川事務所にあった。
 このため、関東信越厚生局神奈川事務所及び神奈川県が複数の患者に対して、患者実地調査を実施したところ、不正請求が強く疑われたため、平成30年12月から令和元年5月まで計5日間の監査を実施し、監査の結果として、「4 受領委任の取扱い中止措置に至った事由」に記載した不正請求の事実を確認した。

4 受領委任の取扱い中止措置に至った事由

(1) 監査において判明した不正請求等
① 受領委任の申し出において承諾した施術所(以下「承諾施術所」という。)以外の場所で行った柔道整復施術を、承諾施術所で柔道整復施術を行ったものとして、療養費を不正に請求していた。
② 整体師が行った施術を、承諾施術所で柔道整復施術を行ったものとして、療養費を不正に請求していた。
③ 保存期間が経過していないにもかかわらず、平成28年度以前の施術録を保存していなかった。

(2)監査時に判明した不正請求額
平成26年1月から平成30年7月施術分
合計22人分 金額1,300,830円


受領委任の取扱いを中止とする根拠となる規程

柔道整復師の施術に係る療養費について(平成22年5月24日付け保発0524第2号厚生労働省保険局長通知、最終改正:平成30年5月24日付け保発0524第2号厚生労働省保険局長通知)

問合せ先

神奈川県健康医療局保健医療部医療保険課
課長 深井 電話045-210-4880
高齢者医療対策グループ 近藤 電話045-210-4885

 

関東信越厚生局神奈川事務所指導課
課長 鷹野 電話045-270-5257

事務官 峯村 電話045-270-5257