国民健康保険制度改革について

掲載日:2018年4月18日

これまで国民健康保険は市町村が個別に運営を行ってきましたが、平成30年度からは都道府県が財政運営の責任主体となり、市町村とともに国保運営を担うことになります。

資格管理(被保険者証の発行など)や保険料(税)率の決定、保険料(税)の賦課・徴収、保険給付、保健事業など、加入者の方と直接関係する事務は引き続き市町村が行うこととなります。

概要はこちら平成30年4月から国民健康保険が広域化されます[PDFファイル/183KB]

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。