社会資本総合整備計画

掲載日:2018年11月15日

社会資本整備総合交付金

社会資本整備総合交付金は、地方公共団体等が行う社会資本の整備その他の取組を支援することにより、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全と開発並びに住生活の安定の確保及び向上を図ることを目的として平成22年度に国土交通省により創設された交付金です。

社会資本総合整備計画

社会資本整備総合交付金交付要綱(以下、「交付要綱」という。)第8第1項では、社会資本整備総合交付金を充てて交付事業を実施しようとする地方公共団体等は社会資本総合整備計画(以下、「整備計画」という。)を作成することと定められています。本県では、道路事業に係る整備計画を次のとおり作成しましたので、交付要綱第10第1項に基づき、公表します。

計画期間 平成21年度から平成25年度

全ての人々が安全・安心で暮らしやすい社会基盤の創造 [平成26年1月24日] (PDF:1,182KB)

計画的な維持管理による安全・安心な道路環境の確保 [平成26年1月24日] (PDF:1,060KB)

計画期間 平成26年度から平成30年度

全ての人々が安全・安心で暮らしやすい社会基盤の創造(防災・安全) [平成30年9月11日] (PDF:2,486KB)

計画的な維持管理による安全・安心な道路環境の確保 (防災・安全) [平成30年3月30日](PDF:2,051KB)

計画期間 平成29年度から平成31年度

「道の駅」整備による地域活性化の推進 [平成30年3月30日](PDF:229KB)

 

<参考 国土交通省ホームページ>

社会資本整備総合交付金について


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。