交通安全の確保と道路環境の改善

掲載日:2018年5月25日

交通安全の確保の主な取組

歩道の整備

高齢者や障がい者など、誰もが自らの意志で自由に移動し、積極的に社会参加することができる社会基盤の整備として、幅の広い歩道や段差のない歩道の整備を進めます。

歩道整備事例

幅の広い歩道の整備事例 【県道63号(相模原大磯)厚木市愛名)】

交通事故防止対策の推進

交通管理者と連携し、ドットライン(*)を設置するなど交通事故の防止対策を進めます。

交通事故防止対策

ドットライン:車線の内側に太い点線を設置して車線を狭く見せることにより、ドライバーが車の速度を無意識に下げるようにする対策です。【県道312号(田谷藤沢)鎌倉市城廻】

道路環境の改善の主な取組

LED照明灯への転換

県が管理する道路照明灯について、省エネルギー化や環境負荷の低減に資するLED照明灯への転換を進めます。転換にあたっては、既設水銀灯や老朽化したナトリウム灯の更新等にあわせて行っていきます。

LED照明灯施工例

道路照明灯の更新(LED化)例【県道402号(阿久和鎌倉)鎌倉市植木】

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa