道路脇斜面の緊急点検を実施しました

掲載日:2020年3月2日

緊急点検実施の目的

2020年2月5日(水曜日)に逗子市池子で土砂崩れが発生したことを受け、県では、管理する道路全線を対象とし、直ちに措置しなければ甚大な被害が発生すると想定されるような斜面崩落の前兆を見つけ、早急に適切な措置を講ずることを目的とし、道路脇斜面の緊急点検を実施しました。

緊急点検実施結果

県管理道路と重複する土砂災害警戒区域、820箇所を含む県管理道路全ての道路脇斜面を点検した結果、直ちに措置しなければ、甚大な被害が発生すると想定されるような斜面崩落の前兆は確認されませんでした。

1 点検期間

2020年2月7日(金曜日)~2月27日(木曜日)

2 点検対象

県管理道路全路線の道路脇の斜面

3 点検方法

道路脇の自然斜面に着目し、亀裂や湧水、浮石、ずれ等による崩落の前兆が出ていないか、道路上から、職員の目視により確認

今後の対応

引き続き、定期的な点検やパトロール等を行い、道路斜面の適正な維持管理に努め、道路利用者の安全確保にしっかりと取り組みます。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa