神奈川県薬物濫用防止条例

掲載日:2019年6月23日

新着情報

2019年6月13日 新たな知事指定薬物を指定しました。
2019年2月19日 新たな知事指定薬物を指定しました。
2018年12月19日 新たな知事指定薬物を指定しました。
2018年11月14日 新たな知事指定薬物を指定しました。
2018年8月22日 新たな知事指定薬物を指定しました。

神奈川県薬物濫用防止条例について

 近年、事件・事故等が相次ぎ社会問題化した危険ドラッグ。
 神奈川県では危険ドラッグをはじめとする薬物濫用に対し、迅速かつ独自に濫用防止を図り、県民の健康及び安全を確保するとともに、県民が安心して暮らすことができる社会の実現に寄与するため、神奈川県薬物濫用防止条例を制定しました。
 本条例は平成27年4月1日に一部施行され、平成27年6月1日に全面施行されました。

条例概要

神奈川県薬物濫用防止条例の概要(PDF:171KB)

条例の全文

神奈川県薬物濫用防止条例(全文)(PDF:224KB)

知事指定薬物

知事指定薬物とは

 条例により、中枢神経系の興奮もしくは抑制又は幻覚の作用(維持又は強化の作用を含む)を有する蓋然性が高く、かつ、人の身体に使用された場合に保健衛生上の危害が発生するおそれがある薬物のうち、県内で現に濫用され、又は濫用されるおそれがあるとして、知事が指定したものです。
 指定にあたっては、神奈川県薬事審議会の意見を聴かなければなりません。

現在の知事指定薬物

 現在、条例で指定している薬物です。

  通称名 化学名等 指定日 施行日
現在、知事指定薬物はありません。

これまでの知事指定薬物

 医薬品医療機器等法の指定薬物に指定され、条例による指定が失効した薬物です。

  • 令和元年度知事指定薬物一覧
  通称名 化学名等 指定日 施行日

失効日(国施行日)

1 3-MeO-PCE N-エチル-1-(3-メトキシフェニル)シクロヘキサン-1-アミン及びその塩類 令和元年6月13日 令和元年6月14日 令和元年6月23日
2 CUMYL-4CN-B7AICA

1-(4-シアノブチル)-N-(2-フェニルプロパン-2-イル)-1H-ピロロ[2,3-b]ピリジン-3-カルボキサミド及びその塩類

令和元年6月13日 令和元年6月14日 令和元年6月23日

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。