令和元年台風第19号災害義援金の第2次(最終)配分額を修正しました

掲載日:2020年4月7日

3月25日に令和元年台風第19号災害義援金について、第2次(最終)配分額を決定した旨お知らせしましたが、義援金の総額に誤りがあったこと及び被災市からの被害件数報告に修正があったことから、再度、持ち回りにより配分委員会を開催し、配分額を修正しました。

1 義援金総額を誤った理由

義援金総額の計算にあたり、重複して計算するなど誤りがあったため。

2 被災市の報告修正

床上浸水の被害件数について2件と報告があったが、1件に修正された。

3 修正後の義援金配分

(1)義援金の総額

424,113,700円(うち第2次配分額 241,933,700円)

内訳

  • 神奈川県 177,454,572円
  • 日本赤十字社神奈川県支部 223,199,057円
  • 社会福祉法人神奈川県共同募金会 23,460,071円

(2)算定基礎

義援金算定基礎
配分対象被害 人的被害 住家被害
死者 重傷者 全壊 半壊 一部破損 床上浸水
第1次配分 200,000円 100,000円

200,000円

100,000円 20,000円 20,000円
第2次配分 166,340円

83,170円

166,340円 83,170円 16,634円 16,634円
合計 366,340円

183,170円

366,340円 183,170円 36,634円 36,634円

上記金額は配分額を算定する基礎額であり、被災者にお渡しする額は、市町村が改めて決定します。

(3)配分額

市町村別義援金配分額
市町村名 第1次配分額 第2次配分額 合計
横浜市 26,040,000円 41,110,122円 67,150,122円
川崎市 119,760,000円 132,576,874円 252,336,874円
相模原市 11,680,000円 11,399,420円 23,079,420円
横須賀市 7,720,000円 15,982,198円 23,702,198円
平塚市 1,680,000円 1,946,766円 3,626,766円
鎌倉市 800,000円 10,483,272円 11,283,272円
藤沢市 2,740,000円 10,448,240円 13,188,240円
小田原市 4,420,000円 4,188,990円 8,608,990円
茅ヶ崎市 900,000円 2,763,400円 3,663,400円
逗子市 1,120,000円 2,323,596円 3,443,596円
三浦市 1,840,000円 2,299,642円 4,139,642円
秦野市 200,000円 642,582円 842,582円
厚木市 60,000円 452,876円 512,876円
大和市 40,000円 33,268円 73,268円
伊勢原市 80,000円 213,072円 293,072円
座間市 0円 183,170円 183,170円
南足柄市 940,000円 1,331,308円 2,271,308円
綾瀬市 40,000円 216,438円 256,438円
葉山町 800,000円 1,654,478円 2,454,478円
寒川町 140,000円 189,706円 329,706円
大磯町 280,000円 342,778円 622,778円
二宮町 100,000円 119,804円 219,804円
中井町 20,000円 53,268円 73,268円
松田町 120,000円 99,804円 219,804円
山北町 60,000円 49,902円 109,902円
開成町 40,000円 33,268円 73,268円
箱根町 480,000円 472,484円 952,484円
湯河原町 20,000円 16,634円 36,634円
愛川町 60,000円 233,072円 293,072円
清川村 0円 73,268円 73,268円
合計 182,180,000円 241,933,700円 424,113,700円
  • 端数(1,882円)については、最も被害件数の多い川崎市へ配分

(4)配分時期

速やかに配分対象市町村へ配分します。