シンガポールミッション2021参加企業募集!(オンライン開催)

掲載日:2020年10月13日

新型コロナウイルスを契機とした、感染症対策分野での協働に向けた企業ミッション

シンガポールの政府機関・研究支援機関とのコネクション・最新情報を入手し、現地パートナーを探索!

 神奈川県では、「未病の改善」と「最先端医療・最新技術の追求」という2つのアプローチを融合させ、健康寿命を延伸し、持続可能な新たな社会システムを創造していく「ヘルスケア・ニューフロンティア」政策の実現を目指しています。
 このたび、ヘルスケア・ニューフロンティア政策の一環として、医療・ヘルスケア分野の企業によるシンガポールへのオンラインミッションを開催します。
 神奈川県の連携・協力の覚書(MOU)締結先であるシンガポール科学技術研究庁(A*STAR)、シンガポール国立大学保健機構(NUHS)のほか、現地機関の保健省(MOH)や保健科学庁(HSA)とのオンライン面談を開催します。また、経済開発庁(EDB)を招いた事前勉強会の開催も予定しています。

 シンガポールやASEAN展開・進出強化に向けた絶好の機会です。ぜひ参加をご検討ください。

開催概要

  • 詳細ホームページ:
    https://www.mizuho-ir.co.jp/seminar/info/2021/hcnf-singapore.html(別ウィンドウで開きます)

  • チラシ(PDF:595KB)

  • テーマ:シンガポールミッションでは、現地との交流・マッチングを効果的に促すため、毎年テーマを設定しています。本年度は「感染症対策に資するデバイス及び医薬品、サービス」をテーマとして参加企業を募集します。該当する製品・技術をお持ちの企業様のご参加をお待ちしております。
  • 日程:2021年2月下旬(2日間)<調整中> ※別途2020年12月中旬に神奈川県内で事前勉強会(経済開発庁(EDB)ご担当者様招聘予定)を開催予定。
  • 交流先:(1)シンガポール政府機関等からのプレゼンによる情報収集と、(2)日本側からの企業・製品紹介及び担当者とのネットワーキング、(3)事前の調整・マッチングに基づく現地担当者・医療従事者・研究者・企業とのミーティング等のプログラムを予定。詳細は上記ホームページをご参照ください。
  • 対象:医療・ヘルスケア分野の研究開発・製品販売を行っている企業で、シンガポールへの進出・共同研究、パートナーの探索、現地情報の収集に興味をお持ちの方
  • 定員:10社程度(お申込多数の場合、参加者の選考を行う可能性がございます。予めご了承ください。)
  • 参加方法:原則オンライン参加 *通信環境やセキュリティ上の制約等により、各自でのオンライン参加が難しい場合には、事務局までご相談ください。事務局会場(横浜駅周辺予定)からのご参加を調整させていただきます。
  • 使用ツール:Zoom(予定)
  • 言語:英語(通訳あり)
  • 参加費用:無料(実費負担のみ)※当日は原則オンラインでのご参加となりますので、参加者様におかれましては各自においてPC・通信環境及び会議室等の確保をお願い申し上げます(通信環境やセキュリティ上の制約等により、各自でのオンライン参加が難しい場合には、事務局までご相談ください。事務局会場(横浜駅周辺予定)からのご参加を調整させていただきます)。プログラム参加費用は無料です。なお、ご参加にあたっての経費(通信費、備品費等)は参加者様のご負担となります。
  • 主催:神奈川県

 

協力団体紹介(調整中/一部変更の可能性あり):

シンガポールにおける医療・保健政策の所轄官庁。Health Sciences Authority(HSA)は日本のPMDAにあたる薬事当局。ミッションでは、シンガポールにおける医療・保健に関する法律、制度、政策動向、薬事審査に係る情報提供等にご協力を頂く。

医療・保健分野を含むシンガポールにおける研究開発を促進する所轄官庁。今回のテーマである感染症分野については、ゲノミクス、分子生物学、免疫学、バイオインフォマティクス、データ解析など、幅広い分野の研究を行っている。

シンガポールでは、保健省傘下の医療施設持ち株会社MOHホールディングの下で3つの公的ヘルスクラスターが運営されており、そのうちの1つがシンガポール国立大学保健機構(NUHS)である。
NUHSは、中心となるシンガポール国立病院(NUH)などの急性期機能から、プライマリケアを担う診療所まで幅広く傘下に置いており、シンガポール国立大学(NUS)との共同研究開発なども実施されている。

シンガポールのグローバル・ビジネス拠点としての地位を強化する戦略を計画・実施する主要政府機関であり、産業振興機関として、ヘルスケア分野を含む国内外の企業支援・産業育成を実施。本ミッションの事前勉強会において、ヘルスケア分野におけるシンガポールを拠点としたアジア展開のメリットや支援策などを紹介する。

 

申込・問合せ先

参加を希望される方・詳細を知りたい方は、下記まで(1)貴社名、(2)ご担当者様名・所属部署を記載の上、ご連絡ください。日程調整のご連絡をさせて頂いた上で、貴社ご訪問や電話等による方法で、詳細をご説明いたします。※応募者多数の場合は参加者の選考を行う可能性がございます。予めご容赦ください。

みずほ情報総研株式会社 社会政策コンサルティング部(担当:片岡、日諸、鶴岡)

※本事業は、神奈川県の委託業務「ヘルスケア・ニューフロンティア国際展開支援業務」の一環として、業務受託者のみずほ情報総研株式会社が実施します。

 

昨年度の様子

  singapore1  singapore2

  • (写真左)シンガポール国立大学保健機構とのミーティング
  • (写真右)Centre for Innovation in Healthcareとのネットワーキング

 昨年度はオンラインではなく、現地への企業団派遣を実施しました。2020年2月、「高齢化対策と最先端デバイス」をテーマに、医療・ヘルスケア関連企業8社と研究者3名がシンガポールを訪問し、現地関係者とのネットワーク構築及び最新情報の収集を行いました。
 訪問企業の多くが、現地研究者・企業等と個別ミーティングを実施し、複数社が共同研究・協力関係構築等に向けた取組みを進めています。

昨年度参加者の声(事後アンケートより)

  • 表面的な視察ツアーになりがちなところ、日本・シンガポール関係者各位のご尽力と強い意欲でインタラクティブな情報収集・交換の機会とさせていただきました。
  • 個別面談の成果が大きい。シンガポール側から頻繁にメール連絡があり、今後の展開が期待できる。また、マッチングも協業が期待できる企業と巡り合うことができ、コンタクトを取り続けている。  

 

シンガポール関連情報

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa