ME-BYO BRAND認定「アミノインデックス(R)」の新規検査項目の追加
~現在がんである可能性と併せて、4年以内に糖尿病を発症するリスクも評価可能に!~

掲載日:2018年5月15日
2018年05月15日
記者発表資料

味の素株式会社は、ME-BYO BRAND 認定「アミノインデックス(R)」の既存サービスである、現在がんである可能性を評価する「AICS」に加えて、4年以内に糖尿病を発症するリスク及び必須・準必須アミノ酸が現在血液中で低下していないかを評価するサービス「AILS」を開始しました。県は、現在認定中の「AICS」に「AILS」も併せてME-BYO BRAND として引き続き認定しますので、お知らせします。

 

AIRS(アミノインデックス(R)リスクスクリーニング)

 AminoIndex(R) Risk Screening


一度の採血で二つの検査項目であるAICS・AILSを同時に行うサービス
(取り扱いがAICSのみの医療機関もあります)

AIRS

 

【サービス詳細】


AICS(アミノインデックス(R)がんリスクスクリーニング)
AminoIndex(R) Cancer Screening


〔現在がんである可能性を評価する検査〕
胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん(男性のみ)、乳がん(女性のみ)、子宮・卵巣がん(女性のみ)、膵臓がんが対象です。
 

AILS(アミノインデックス(R)生活習慣病リスクスクリーニング)
AminoIndex(R) LifeStyle diseases


4年以内の糖尿病発症リスクと、必須・準必須アミノ酸(※)が血液中で現在低下していないかを評価する検査。


※ アミノ酸の中には、身体の中で作り出せないアミノ酸=必須アミノ酸、十分な量が作り出しにくいアミノ酸=準必須アミノ酸があります。たんぱく質を形作るには約20 種類のアミノ酸が必要ですが、そのうち約半分が必須アミノ酸および準必須アミノ酸であり、これらは食事から継続的にバランス良く摂る必要がある必須栄養素になります。

 

【アミノインデックス(R)とは】
血液中のアミノ酸濃度を測定し、現在の健康状態や病気の可能性を明らかにする検査です。未病の段階から身体の状態を手軽に知ることができるなど、「未病の見える化」が期待できることから、平成27 年8月に県がME-BYO BRAND として認定しました。
 

別紙1:AIRSの説明資料(PDF:360KB)
 

別紙2:ME-BYO BRAND 認定制度の概要(PDF:242KB)

 

 

 

 

問合せ先

政策局ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室
未病産業担当課長  本間  

電話 045-285-0156
未病産業グループ  湊

電話 045-210-2715

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。