ホーム > 健康・福祉・子育て > 心身の健康 > 未病改善・健康づくり > 子どもの自然な表情を撮る2つのポイント

更新日:2020年7月1日

ここから本文です。

子どもの自然な表情を撮る2つのポイント

子どもの自然な表情を撮る2つのポイント

「子どもが楽しそうに笑う姿を写真に収めたい!」と思ってスマホを向けたら、急にポーズ!そしていつも同じ顔!そんな経験、ありませんか?そこで、最高の笑顔の瞬間を切り取る方法をご紹介します。

 

ポイント1 連写がおすすめ

写真を一発で決めるのは難しいもの。

たくさん枚数を撮ることで、いい表情が撮れる確率がぐっと上がります。

子どもの写真

 

ポイント2 会話しながら撮ってみる

写真を撮ろうとすると「こっち向いて~」「笑って~」と言ってしまいがち。

撮られる際にカメラを意識すると、せっかくの自然な表情が消えてしまいます。

代わりに、スマホを構えながら会話してみてください。

「今日は何を食べたい?」「最近何が楽しかった?」など、子どもが喜ぶ質問をするのがポイント。

子どもの写真 子どもの写真

*会話しながら連写!このポイントを押さえるといい表情が撮れます。親子の会話を楽しみながら、写真でコミュニケーションしましょう。

 


教えてくれたのはこの方

アンバサダー写真

 

神奈川ME-BYOスタイルアンバサダー
やまだ じゅりあ
ジェイ企画・J‘z WORKS代表・ブランディングプロデューサー

二児の母。写真&動画プロモーション、SNS活用支援を通して日本全国の小規模企業、店舗、起業家のブランディングを手がける。横浜市中区にて写真スタジオ、レンタルスペース、黄土よもぎ蒸
しサロンも運営している。

このページに関するお問い合わせ先

政策局 いのち・未来戦略本部室

政策局いのち・未来戦略本部室へのお問い合わせフォーム

未病産業グループ

電話:045-210-2715

内線:2715

ファクシミリ:045-210-8865

未病産業グループ
電話 045-210-2715

このページの所管所属は政策局 いのち・未来戦略本部室です。