社会参加についての勉強会を開催しました

掲載日:2019年3月7日

「ME-BYO(未病)」の改善には3つの取組みがあります。一つ目は「食」、二つ目は「運動」、そして三つ目は「社会参加」です。地域ボランティアや趣味の活動など、社会とつながりを持っている人のほうが、そうでない人に比べて生活の自立度が高いことが実証されているんです!

今回は、「社会参加」について、&MAMACO(アンドママコ)の代表理事 前川様、副理事 根上様のお二人に、お話を伺いました。
&MAMACOは、女性活躍推進・子育て教育・地域活性・社会貢献活動の4つの柱で、女性と社会をつなぎ、社会参加のサポートをしている一般社団法人です。
勉強会では、女性がフェスタに参加したり、仕事などを通して社会や人と交流することの大切さ、それが心身の健康、未病の改善につながるということについて、皆共感しました。
意見交換では「初めての子なので、他の子との違いが分からない。フェスタに行くと、色々な人が来ているので、安心できる。」「女性が社会から必要とされ、輝ける場を作ることはとても素敵なことだと思う」との声が聞かれました。

&MAMACOについてはこちら

https://andmamaco.com/

 

 

mamaco

 

 

 

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa