麹甘酒を使ったとろーり麹ホットミルク

掲載日:2019年5月27日

麹甘酒を使ったとろーり麹ホットミルク

漢方薬の一つである「葛」を使った麹甘酒のアレンジレシピ。葛のとろみは体の芯を温め、胃腸の調子を整えます。腸が整うと心も穏やかに。リラックスタイムに、心も体もほっとする優しい甘さの麹ホットミルクはいかがでしょうか。

麹ホットミルクの写真

食材 1人分 分量
本葛 10g
ぬるま湯 大さじ1
牛乳
(豆乳でも可)
100cc
麹甘酒 大さじ2
ラム酒 数滴(お好みで)
 

作り方

  1. 本葛とぬるま湯を小さな鍋に入れ、塊ができないように溶く。
  2. 1.を弱火にかけて少ずつ牛乳を入れ、とろりとするまでヘラでよく混ぜる。
  3. とろりとしてきたら、火を止めて麹甘酒を入れ、よく混ぜる。
  4. 最後に香りづけとしてラム酒を垂らし、カップに移す。
     

ポイント

麹の力を生かすために甘酒は火を止めてから入れましょう。

お好みで、抹茶パウダー、野菜パウダー、ジャムなどを入れ、オリジナル麹ホットミルクを楽しんでみてください。

ラム酒を入れずに擦りリンゴを入れてもおいしくいただけます。

 


レシピ提供

中島真知子さんの写真 

ME-BYOスタイルアンバサダー
中島 真知子

ライフスタイル提案型サロンsimpure代表・インナービューティーアドバイザー
無理なダイエットから体を壊し、食べることの大切さを実感。その後、腸に特化したインナービューティーに出会う。自らの体験した心身の変化を伝えたいとインナービューティーアドバイザーとして活動。セミナー、実習、トークイベント等で腸内環境を整える大切さを伝えている。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa