食べる麹甘酒

掲載日:2019年5月27日

食べる麹甘酒

甘酒といえば、飲み物というイメージを持つ方も多いかもしれませんが、今回ご紹介する「食べる麹甘酒」は、料理にもおやつにも、甘味として砂糖代わりにも使うことができます。
一日大さじ一杯程度がおすすめです。腸を整える「麹甘酒」を手軽に取り入れてみましょう。

麹甘酒の写真

食材 分量
150g
120cc

ごはん

(65℃以下の炊きたてでないもの)

100g
 

下準備

60℃のお湯500cc程度を魔法瓶(水筒やポットなど)に入れて温めておく。

作り方

  1. 全ての材料をボウルに入れて混ぜる。
  2. 鍋に1.を入れ、弱火で温める。
    温度計を使用し60℃まで温める。
    (余熱で65℃くらいがベスト)
  3. 魔法瓶のお湯を捨て、その中に2.を入れてフタをする。
  4. 8時間~12時間放置する。
    味見をして甘くなっていたらできあがり。
  5. タッパーなどに入れ替えて冷蔵庫で冷やす。

ポイント

保存期間の目安は冷蔵庫で一週間


レシピ提供

鈴木ひろみさんの写真

ME-BYOスタイルアンバサダー
鈴木 ひろみ

一般社団法人日本麹クリエイター協会代表理事
女性が自分も大切な人の体を守ることができるのは、ママの笑顔と「食」だという思いを持つ。簡単・時短で美味しく、体に優しい料理を叶える麹の力に気づき、自家製で麹を作るように。
現在は麹の魅力を広めるため、資格講座を開講し育成にも力を注いでいる。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa