日本発!「スロートレーニング」で筋肉を増やす

掲載日:2021年4月15日

 効率的に筋肉を大きくし、筋力をつける方法として注目されているのが、スロートレーニング(スロトレ)です。ややきついと感じる程度の負荷をかけた状態で、ゆっくりと動きます。ゆっくり運動して筋肉の緊張を保つことで、筋肉内の血流が制限され、重い負荷をかけて運動したのと同じ状態になります。そのため、軽い負荷でも高い効果を得られるのです。

 例えば、太ももの筋力トレーニング、スクワットを1回8秒間のペースでゆっくり行えば、スロトレになります。このとき、膝を伸ばしきらず、常に太ももの筋肉に負荷がかかるようにして、1分間続けましょう。呼吸は自然に続けます。1日2~3セットを週に2~3回行うと、十分な効果が期待できます。

 

日本発!「スロートレーニング」で筋肉を増やす

 


※このページは、権利者の許諾を得た上で、「日本健康マスター検定(健検)」の公式テキストを基に作成しています。

ロゴ

(日本健康マスター検定の公式HPにリンクします。)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa