ウォーキングの運動効果を高めるコツ

掲載日:2021年4月15日

 ウォーキングの運動効果を高めるには、歩行の「質」と「時間」がカギになります。歩数が増えれば、当然、消費エネルギーは増えるので、なるべく歩く機会を増やすことが大切です。しかし、長く歩くには時間がかかるので、忙しい毎日の中で、なかなか歩数を増やせないという人も多いかもしれません。そこで意識したいのが、歩行の「質」です。歩行の質を高めると、歩数を増やさなくても身体活動量を増やすことができます。

 歩行の質を高めるポイントは次の2つです。

 1つ目は、「背筋を伸ばし、前を向いて歩く」ことです。上半身の筋肉を意識し、背筋を伸ばして正しい姿勢で歩けば、自然と歩幅が広がって運動量が増えます。

 2つ目は、「いつもより少し速く歩く」ことです。「きつい」「つらい」と感じるほどでなくても、運動量は増えます。心地よいと感じる速さで歩けば、気分転換にもなり、ストレス解消の効果も期待できます。

ウォーキングの運動効果を高めるコツ


※このページは、権利者の許諾を得た上で、「日本健康マスター検定(健検)」の公式テキストを基に作成しています。

ロゴ

(日本健康マスター検定の公式HPにリンクします。)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa