野菜350グラム、食べてますか?

掲載日:2021年4月15日

 厚生労働省では、健康を維持するために必要な野菜の摂取量を1日あたり350グラムとしています。しかし2016年の「国民健康・栄養調査」によると、1日の野菜摂取量は、男性で283.7グラム、女性で270.5グラムと、必要な摂取量を下回っています。特に20歳代の野菜の平均摂取量は男性で236.2グラム、女性で228.6グラムと、世代全体で最も少なく、若者の野菜離れが進んでいることがわかります。また、いちばん野菜を多くとっている60歳代でも、1日の平均摂取量は男性で309.9グラム、女性で300.3グラムとなっており、必要な摂取量には届いていません。

 野菜は、ビタミンとミネラル、食物繊維の重要な供給源です。にんじんやかぼちゃなど色の濃い「緑黄色野菜」はカロテンが豊富で、ビタミンC、カルシウム、鉄、カリウムなども多く含まれています。一方、たまねぎや白菜などの「淡色野菜」は、特にビタミンCが多く、緑黄色野菜と同様にカルシウム、カリウムも豊富です。野菜をたくさん食べると、こうした栄養素をバランスよくとることができ、健康長寿につながります。

 

野菜350グラム、食べてますか?


※このページは、権利者の許諾を得た上で、「日本健康マスター検定(健検)」の公式テキストを基に作成しています。

ロゴ

(日本健康マスター検定の公式HPにリンクします。)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa