まずは、1か月で1キログラム減を目指す

掲載日:2021年4月15日

 肥満の人は、生活習慣病の予防のために減量が勧められます。しかしながら、食事を抜くなどの極端な方法をとると、一度は体重が落ちてもその後リバウンドしやすくなるとともに、体の不調や病気の原因になることもあります。減量を検討されている人は、次のような小さな工夫を積み重ね、まずは「1か月で1キログラム減」を目安に減らしていきましょう。

〇朝と夜の1日2回体重を量る

 食事内容やその日の行動など、何によって自分の体重が変化しているかがわかり、生活習慣の改善につながります。

〇1日240キロカロリー減の食事を心がける

 体脂肪1キログラムは7,000キロカロリーに相当します。これを1か月で減らすには1日240キロカロリー減の食事を続ければよいのです。1日240キロカロリーなら無理なく実践できます。

〇夕食は早めに、遅くなるときは軽めに

 夜遅い時間に食事をすると、日中とは異なり、動いてエネルギーを消費することができません。夕食は早めに済ませるようにし、遅くなるときは軽めにしましょう。

〇少しでも歩く時間を増やす

 食事改善に加えて行いたいのが運動です。きつい運動をする必要はありません。少しでも歩く時間を増やす工夫をしましょう。

 


※このページは、権利者の許諾を得た上で、「日本健康マスター検定(健検)」の公式テキストを基に作成しています。

ロゴ

(日本健康マスター検定の公式HPにリンクします。)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa