2019年度(令和元年度)取組概要

掲載日:2020年5月1日

2019年度(令和元年度)

WHOクリニカルコンソーシアム

11月21日(木曜)、22日(金曜)の2日間に渡り、スイス・ジュネーブのWHO本部にて、WHOの専門家会合「健康な高齢化に関するクリニカルコンソーシアム」が開催されました。

WHOが推進する「高齢者のための統合ケア(ICOPE)」を中心に議論が行われ、県からは、現在作成を進めている「未病指標」について報告を行いました。

ccha2019      cchagroupphoto2019

ME-BYOサミット神奈川2019 分科会①「未病の指標化」

11月13日(水曜)、「ME-BYOサミット神奈川2019」において、WHOクリニカルコンソーシアム連携シンポジウムを開催し、「未病の指標化」について、WHOをはじめ国内外の専門家により議論を行いました。

ME-BYOサミット神奈川2019では、個人の現在の未病の状態や将来の疾病リスクを数値で見える化する「未病指標」のモデルを発表しました。今後、来年(2020年)3月を目途に、県民の皆さんがこの指標を利用できるようにし、自身の健康状態を見える化することによって、健康増進、未病改善に活かしてもらうことを目的としています。

※2020年(令和2年)3月27日、未病指標が発表されました。
 未病指標についてはこちら(別ウィンドウで開きます)

「ME-BYOサミット神奈川2019」の詳細はこちら(別ウィンドウで開きます)

ccha2019-2    mebyosummit2019

ヘルスケア・ニューフロンティアセミナー

 スイス ジュネーブで開催された世界保健機関(WHO)全加盟国の保健大臣等が集まるWHO総会(WHA72)の時期に併せ、5月22日(水曜)に、神奈川県と友好提携を結んでいるドイツ・バーデンビュルテンベルク州との共催により、ジュネーブでヘルスケア・ニューフロンティアの取組を紹介する広報イベント「Healthcare New Frontier Seminar of Kanagawa in Japan "ME-BYO: Building a Better Future through Behavior Change"」(『神奈川県の未病テクノロジーとイノベーション支援~ドイツ・バーデンビュルテンベルク州との友好提携締結30周年を記念して~』)を実施しました。

セミナーの様子  セミナーの様子

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa