第2回未病産業研究会勉強会・交流会を開催しました!

掲載日:2018年8月13日

平成30年度第2回未病産業研究会勉強会・交流会を開催しました!

平成30年7月24日(火曜日)、平成30年度第2回未病産業研究会勉強会・交流会を開催しました。日本初のヘルスケア分野におけるソーシャル・インパクト・ボンドの紹介として、八王子市の新藤様から八王子市における成果報酬型官民連携モデル事業の取り組みのご紹介と、ケイスリー(株)の幸地様からソーシャル・インパクト・ボンドにおける中間支援組織の果たす役割についてのお話をいただいました。
続いて、神奈川県顧問であり(株)博報堂DYホールディングスの川廷様から「SDGsで自分を変える、未来が変わる」と題しSDGsの基本情報と様々な取り組みについてお話をいただきました。。
その後交流会として、名刺交換や情報交換がおこなわれました。
今後も、会員ニーズを反映しながら、より実効性の高いテーマ・内容で研究会開催していく予定です。

picture1

概要
日時:平成30年7月24日(火曜日) 14時50分から17時30分
場所:相鉄岩崎学園ビル8階 807~809号室
第1部:
1. あいさつ
神奈川県政策局ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室 本間未病産業担当課長
2.八王子市における成果報酬型官民連携モデル事業の取り組み
八王子市 医療保険部 成人健診課 新藤健氏
3.ソーシャル・インパクト・ボンドにおける中間支援組織の果たす役割
ケイスリー(株) 代表取締役 幸地正樹氏
4.SDGsで自分を変える、未来が変わる
神奈川県顧問 (株)博報堂DYホールディングス グループ広報・IR室CSRグループ 川廷昌弘氏

第2部:交流会(名刺交換会)※任意参加 

資料
平成30年度第2回未病産業研究会勉強会・交流会次第(PDF:30KB)
八王子市における成果報酬型官民連携モデル事業の取り組み(PDF:2,886KB)
ソーシャル・インパクト・ボンドにおける中間支援組織の果たす役割(PDF:4,495KB)
SDGs×Kanagawa「いのち輝く神奈川」の実現に向けて取り組んでいます(PDF:1,008KB)
未病産業研究会会員一覧(平成30年7月1日時点)(PDF:158KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる