メリーランド州ライフサイエンスセミナー・個別相談会を開催しました

掲載日:2018年3月16日

セミナーの様子1セミナーの様子2

米国のメリーランド州立大学関係者をお招きし、同州におけるライフサイエンス産業の最新の動向や、同大学による産学協働の取組みについてご講演いただくセミナーを開催しました。また、希望者を対象とした個別相談会も実施しました。

<メリーランド州について>
メリーランド州は、米国国立衛生研究所(NIH)に代表される400もの研究機関が存在し、ワシントンD.C.に隣接していることから、50にのぼる連邦政府機関へも好アクセスな場所に位置しています。また、バイオテクノロジー関連企業の集積地帯が形成されていることから「バイオキャピタル」とも呼ばれています。

※メリーランド州と神奈川県は、2014年5月にライフサイエンス分野での覚書を締結して、両地域間の協働を推進しています。

【概要】

1 主催

神奈川県

2 日時

2017年5月26日(金曜日) 13時45分から17時30分

3 場所

TKPガーデンシティ横浜(横浜市神奈川区金港町3-1 コンカード横浜2階)

4 参加人数

約40名

5 プログラム

(1)セミナー
「米国メリーランド州のライフサイエンス市場と薬事制度」
メリーランド州立大学ボルチモア校 ジェイ・パーマン学長
「米国メリーランド州の知的財産とバイオパークの紹介」
メリーランド州立大学ベンチャー機構 ジェームズ L.ヒューズ部長
「メリーランド州のビジネス環境」
メリーランド神奈川姉妹州委員会 岡島喜久子委員長(神奈川県国際政策アドバイザー)

(2)交流・名刺交換会

(3)個別相談会

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019