サイエンスパーク拠点間連携シンポジウムを開催しました

掲載日:2019年2月22日

革新的ベンチャー企業創出に向けた地域戦略の形成をめざして~世界と戦うために必要なもの~

 2019年1月24日、「サイエンスパーク拠点間連携シンポジウム」を開催し、湘南ヘルスイノベーションパークに、180名を超える方にご来場いただきました。

 今後も、県内サイエンスパークの各拠点と連携しながら、様々なイノベーションを起こします。

 どうぞご期待ください!

[シンポジウム内容](下線のある講演については、配布資料のデータを添付しています。)

 2018年4月、湘南に、「湘南ヘルスイノベーションパーク(通称:湘南アイパーク)」がオープンし、県内の拠点(かながわサイエンスパーク、殿町、ライフイノベーションセンター)と連携しながら、様々なイノベーションが生まれ、今、地域でのオープンなイノベーションエコシステムを構築しつつあります。

 地域が「有望シーズ」をいかに育て、世界に展開していくのか、各拠点の取組の紹介とともに、湘南アイパークの見学会を行いました。

◆日時:2019年1月24日(木曜日)9時45分~17時00分

◆会場:湘南ヘルスイノベーションパーク(iPark)講堂

◆プログラム:(詳細はこちら(PDF:1,366KB)をご確認ください。)

 講演 第1部(9時45分~12時00分)

 「地域でのオープンイノベーション拠点(iPark、KSP、殿町)の可能性」

1 ヘルスケア・ニューフロンティアの取組(PDF:2,954KB) 

2 ipark-エコシステムの姿・4本柱 

3 神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)の取組概要(PDF:4,306KB) 

4 殿町リサーチコンプレックスの取組(PDF:4,316KB)

5 神奈川県の再生・細胞医療の取組と殿町ライフイノベーションセンター(PDF:4,208KB)

6 パネルディスカッション

講演 第2部(12時45分~14時55分)

 「日本で、大学等の有望シーズを地域手事業家するために必要なものは何か?」

1 大学の有望シーズを地域で育てるために必要となる本音・本気の取組(PDF:7,754KB)

2 糖尿病患者に期待の新星、貼るだけで自立型の次世代人工膵臓の開発

3 髪の毛の悩み撲滅を目指して、大量毛髪再生の開発

4 茶色い宝石物語、腸内細菌叢の革新的制御技術の開発

5 投資家からみた大学発ベンチャー評価の着眼点

 ・株式会社日本医療機器開発機構

 ・株式会社ケイエスピー

○分科会(15時10分~)

 「各拠点からの支援策の説明等」

1 湘南アイパーク 「ビジネス化加速機能紹介」(PDF:4,256KB)(PDF:4,256KB)

2 Axcelead Drug Discovery Partners株式会社による支援機能の紹介

※ここから2つのコースに分かれました。

 Aコース:湘南アイパーク施設施設見学ツアー

 Bコース:「神奈川県・KSP・殿町リサーチコンプレックスの支援機能の紹介

・神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティアの関係施策(PDF:2,630KB)

・ケイエスピーの起業家プログラム

・殿町リサーチコンプレックスのデータサイエンスに関する取組(PDF:3,778KB)

 (下線のある講演については、配布資料のデータを添付しています。)

 ◆主催:湘南ヘルスイノベーションパーク◆共催:神奈川県

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa