Bhas42細胞形質転換試験法(発がん性予測試験法)

掲載日:2019年10月8日

Bhas42細胞形質転換試験法(発がん性予測試験法)について

 本試験法は、発がん性予測試験法として神奈川県が20年に渡り研究を続けてきた試験法で、平成28年1月にOECDガイダンスドキュメント(国際的に有効性が認められた試験法)に認定されました。
 現在、OECDテストガイドライン(国際的な標準試験法)化に向けて研究を続けています。

Bhas42細胞形質転換試験法の概要(PDF:1,025KB)
Bhas42細胞形質転換試験法の今後の発展研究(JPG:2,932KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。