パートナーシップミーティング成果共有会

掲載日:2018年2月25日
地域の課題を継続的に解決していく一助として、企業・NPO・大学を仲介し、マッチングの機会を提供する「パートナーシップ支援事業」を、県内中間支援組織と神奈川県が協働して進めています。 
  「企業・NPO・大学パートナーシップミーティング」をきっかけとして、地域の課題解決のために多様な主体が連携して取り組むマッチング事業がうまれてきています。今年度のマッチング事業の活動事例を共有し、これからの連携のヒントを見つけるため、ミニ講義とワールド・カフェを開催します。
ぜひ、ご参加ください!
事業チラシ [PDFファイル/218KB]

日時

2016年(平成28年)3月18日(金曜日) 19時から21時20分まで (18時30分受付開始)

会場 

場所:横浜市開港記念会館1号室(横浜市中区本町1丁目6番地)

交通 :みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分
 市営地下鉄線「関内駅」1番出口から徒歩10分
  JR京浜東北線・根岸線「関内駅」南口から徒歩10分

プログラム概要

平成27年度マッチング事例の報告と紹介

   ●事例1「ゴミ拾い駅伝」の開催
(NPO法人もう一つのプロジェクト×トレッサ横浜(株式会社トヨタオートモールクリエイト))
事例2「職業体験に協力」
 (NPO法人フェアスタートサポート×ギャップジャパン株式会社・OLD NAVY)
 ●事例3「ショールームを地域とともに活用しよう」
(株式会社LIXIL×さがみはら市民活動サポートセンター(NPO法人さがみはら市民会議)
×地域のNPO×自治会)
事例4「第10回子どもフェスティバルに協力」
(逗子こどもフェスティバル実行委員会×神奈川トヨタ自動車株式会社)
(報告順は調整中)

ミニ講義「多様な主体が協働を進めるメリットと方向性を考える」

講師 萩原 なつ子氏 (立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)

「これからのパートナーシップを見つけるワールド・カフェ」

コーディネーター 同上

お申込方法(締め切りました)

フォームメールまたはファックス(045-210-8835)でお申し込みください。

定員・参加費

60名・無料

主催

神奈川県

協力

横浜市市民活動支援センター、認定NPO法人市民セクターよこはま、(特非)YMCAコミュニティサポート、横須賀市立市民活動サポートセンター、相模原市指定NPO法人さがみはら市民会議、さがみはら市民活動サポートセンター、(一社)ソーシャルコーディネートかながわ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa