かにゃさんぽ(認定NPO法人地球の木)

掲載日:2018年2月23日
かにゃさんぽはNPO活動や企業の社会貢献活動を紹介するページです

世界はみんなつながっている

2014年5月27日火曜日

こんにちは。かにゃおです。
今日は、あーすフェスタかながわに来ています。

あーすフェスタは、「みんなで育てる多文化共生」をテーマに、いろんな国の文化にふれることができるイベントだにゃ。

写真:アースフェスタ入口の写真

(はぁるばる来たぜ、あーすフェスタへ~♪)

おいしそうなにおいにつられてふらふら行くと、世界屋台村を発見。
ケバブチヂミ沖縄そばナシゴレン
おいしそうなごはんがいっぱいだにゃ~。

あっ、今日は食べ歩きに来たんじゃなくて、このイベントに出店してる認定NPO法人地球の木の取材に来たんだった。

写真:チヂミを見るかにゃお

(↑おいしそうな、海鮮チヂミ。お仕事の後で食べようっと。)

あった、あった。ここが地球の木さんのブースだにゃ。
オサレな手工芸品がたくさん売ってるにゃ。このバックなんか、ちょっと素敵じゃない?

写真:かばんを腕にかけるかにゃお

(↑おやつを入れるにちょうどいいバック)

丸谷さん
かにゃお、待ってたよ~。地球の木の理事長の丸谷です。

かにゃお
こんにちは、丸谷さん。みんなご存知、かにゃおです。

写真:丸谷さんに挨拶をするかにゃお

(↑まずはごあいさつ。)

かにゃお
今日は、地球の木がどんな活動をしているのか、いろいろお話を聞かせてもらおうと思って来たにゃ。
国際協力の活動をしているって聞いたけど、どんなことをしているの?

丸谷さん
私たちは、生活クラブ生協神奈川の仲間で作った団体で、日本と関係の深いアジアの支援をしているんです。
特に、ラオス、カンボジア、ネパールの3つの国を、日本や現地のNGOを通して、資金援助だけではなく、それぞれの国に応じたプログラムで支援しています。

かにゃお
それぞれの国で、どんなプログラムをやっているのか教えてにゃ。

丸谷さん
まず、ラオスでは、森林保全と持続的な農業を柱とした農村開発支援をしています。

写真:ラオスでの活動の様子

次に、カンボジアでは織物技術の支援をして、現地の女性たちが手に職をつけて自分の力で食べていけるようなプログラムを進めています。

写真:布を持つ女性の写真

ネパールでは教育の充実若者の人材育成などを村人参加の形で行っています。

写真:子どもと一緒に座る女性達の姿

かにゃお
へえ~。国によってやっていることが違うんだね。

丸谷さん
一見、それぞれの国で、ばらばらのテーマを追いかけているように見えるかもしれませんね。
でも、めざしているのは、現地の問題を身近に感じてもらいながら、自分が住む地域のことを見直すきっかけを作ることなんですよ。
グローバリゼーションが進んでいて、アジアの問題も私たちの地域とつながっていますよね。
海外の様々な問題を考えることで、貧困が生まれるしくみを知り、自分達が住んでいる地域の問題も見つめていくことをめざしているんです。
モノがあふれた日本の暮らしを振り返り、本当の豊かさは何かを考えるきっかけになればと思っています。

写真:チヂミの屋台の写真

(↑実は海鮮チヂミのお店も地球の木がやっていたんだにゃ。)

かにゃお
今日、出店しているのは、そういう意味もあるの?

丸谷さん
よく分かったね。
こうやって、色々なイベントに出ることで、アジアの問題を知ってもらうきっかけを作っています。
また、スタディツアー出前講座、現地のスタッフや若者を招いた時のホームステイの受け入れなど、主婦が多い私たちの団体ならではの活動を展開しています。
自分達の活動を自分達が住んでいる地域に伝えるため、たうんチームというのを作って、地域のお祭りなどでもアピールの機会をつくっていこうとしているんですよ。

かにゃお
地域のお祭りで、海外支援を知ってもらうっていうのはユニークだけど、難しくはないの?

丸谷さん
実はけっこう大変なんです。だから、誰でもすーっと入っていける入口が必要なんですよね。
そういう意味では、こうした現地の人たちが作った手工芸製品が関心をもってもらうための入口になったりするんです。

かにゃお
これは、どこの人が作ったものなの?

写真:たくさんの小物

(↑かっこいい小物の数々)

丸谷さん
カンボジアとラオスです。今、カンボジアでは織物の伝統が廃れつつあります。
そんな中で、現地の人が伝統を活かしてオリジナルな手工芸品を作れるように、デザインや販売戦略、広報などの面で、現地に行ってアドバイスしていますし、生協を通して製品も販売しています。

かにゃお
現地まで行っちゃうなんて、すごいにゃ。

丸谷さん
生活者の視点や、地域に根ざしている点など、私たち主婦ならではの強みってあるんです。
今後もそうした強みを生かして、現地での支援と国内での啓発活動を展開していきたいと思っています。

かにゃお
なんか、すごいパワーだにゃ。圧倒されたにゃ。
皆さん、これからもがんばってにゃ!
ぼくもまち歩き、がんばろうっと。

海外と地域をむすぶ国際協力 いいにゃ!』―――――――――――――
認定NPO法人地球の木:http://e-tree.jp/

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019