かにゃさんぽ(認定NPO法人藤沢市民活動推進機構)

掲載日:2018年2月23日
かにゃさんぽはNPO活動や企業の社会貢献活動を紹介するページです

NPO支援×地域活性化=まちづくり

2015年12月25日金曜日

今日は、藤沢市民まつり秋葉台会場「komorebi garden 秋葉台」にやって来たにゃ。
藤沢市民まつりの実行委員をしてる認定NPO法人藤沢市民活動推進機構からお誘いがきたから、これから「ECO推進隊」のパレードに出るよ。
この会場はECOがテーマなんだって。

パレード
(↑パレードの先頭は、藤沢市非公認キャラ江ノ島さんぽちゃん。)

なんで市民まつりなのにECO推進なんだろう。
藤沢なら、しらすがテーマでもいいよね~。
ちょっと聞いてみよっと。

桜井さん
かにゃお、よく来てくれたね。
藤沢市民活動推進機構の桜井です。

かにゃお
桜井さん、ちょうどいいところにいた!
なんでECO推進がテーマなの?
市民まつりとECOって関係なさそうだよね。

桜井さん
たしかに関係なさそうに見えるかもしれないね。
でも、私たちは地産地消や3R(リデュース・リユース・リサイクル)といったECOを通じて、もっと自分たちの地域の暮らしや環境に関心を持ってもらいたいと考えてるんだ。
だから、かにゃおにもECO推進隊でアピールしてもらったり、屋台で使う食器だってリサイクルできるものにしてるんだよ。

かにゃお
市民まつりに参加するだけで、自然と地域や環境に目がいくようになってたんだね。

桜井さん
他にもこの会場には地元食材を使った地産地消の屋台や環境に優しい商品の販売とかいろんなブースがあって、藤沢の企業やNPOも出店してるんだよ。
せっかくだから案内してあげるね。

桜井さん

(↑藤沢市の非公認キャラ・・・じゃなくて桜井さん。)

桜井さん
まずは「東北復興応援ブース」だよ。
藤沢市市民活動推進連絡会は東北の復興支援もしていて、今日は東北のおいしい食品や手作り品、被災地の物産などを販売しているんだ。

かにゃお
さばの缶詰がおいしそうだにゃ。

桜井さん
売り物だから食べちゃだめだよ。

復興支援
(↑今日のギャラは缶詰1年分でお願いします。 )

かにゃお
あっちは何してるの?

桜井さん
NPO見本市というブースで、NPOが8団体出展しているよ。
NPOの活動を市民の方に知ってもらうには、こうした人が集まる場でのPRが効果的だから、藤沢市市民活動推進連絡会では出店料の補助を出してNPOを支援しているんだ。

かにゃお
なかなかNPOの活動を知る機会ってないから、こういうの大切だよね~。
桜井さんたちは普段どんなことしてるの?

桜井さん
分かりやすいものだと、藤沢市市民活動推進センターという市民活動を支援する施設を運営してるいよ。

かにゃお
見に行ってもいい?

桜井さん
もちろんいいよ。
ついていかなくても大丈夫?

かにゃお
ひとりでできるもん!

センター到着
(↑この階段の上がセンターの入り口だにゃ。)

細矢さん
こんにちは。藤沢市市民活動推進センター長の細矢です。
かにゃお、待ってたよ。

かにゃお
細矢さん、こんにちは。
このセンターは藤沢市民活動推進機構が運営してるんだよね?

細矢さん
そうなんだ。
でも、私たちはセンターを運営するためにできた団体ではなくて、もともとは1998年の「かながわ・ゆめ国体」を応援する団体だったんだよ。
国体が終わったあと市民活動を支援する団体に生まれ変わったんだ。
その頃ちょうど藤沢市がセンターを作ったから、センターの運営をすることになったんだよ。

かにゃお
華麗なる変身だね。

細矢さん
きっと、当時のメンバーがこれからは市民活動が大事になると考えたんだね。
2013年からは、藤沢の北部エリアで「湘南台市民活動プラザ」という市民活動支援施設も運営しているよ。

スタッフと握手

(↑握手?汚いとか言わないでね!)

かにゃお
センターではどんなことやってるの?

細矢さん
NPOの人向けに役立つ講座を開いたり、打ち合わせに使える場所や情報の提供をしているよ。
他にはNPOからの相談を受けたり、企業や行政と連携するお手伝いもしているんだよ。

かにゃお
じゃあ、一番力を入れてるのは?

細矢さん
若い世代へのアプローチかな。

かにゃお
今日は学生さんも来てるみたいだね。

細矢さん
確かに若い人もいるけど、市民活動全体としてはどこも高齢化しているから、スムーズに世代交代が図れるように若い世代を意識した取組みをしているんだ。

相談風景
(↑相談ですか?ぼくも非常勤相談役なんですけど。)

かにゃお
具体的にはどんなことしてるの?

細矢さん
例えば「VOLUNTEERS」というボランティア募集情報の冊子を作成してるよ。
おしゃれなデザインにしたり、実際にボランティアをしてる学生さんの話を載せたりして、若い世代を意識した作りにしているんだ。

冊子
(↑「ボランティアしたい」を応援するフリーマガジン。)

かにゃお
若い人も手に取りたくなるようなデザインだね。
ぼくも若いから、こういうのに惹かれるにゃ。

細矢さん
かにゃおって若かったの?

かにゃお
永遠の「いいお年ごろ」だにゃ。

細矢さん
へんなの。
それから「インターンを希望する若者」と「受け入れを希望するNPO」をつなぐプログラムをやってるよ。
若い時から市民活動に親しんでもらって、大人になってからも活動に参加してもらいたいと思うんだ。

かにゃお
センターではいろんな取組みをしてるんだね。
藤沢市民活動推進機構は、センターの運営以外は何かしてるの?

細矢さん
他には「こみゅっとフジサワ」という電子会議室を運営してるんだ。
藤沢に関連する情報やお互いの知恵をインターネット上で共有する「Yahoo!知恵袋」みたいなものと言ったら、かにゃおも分かるかな?

かにゃお
地域で困ったことがあったら、インターネットを使って地域で助け合うってこと?

細矢さん
そのとおり。
他には、地域を盛り上げるプロジェクトを応援するために、インターネットで資金を募るサイト「FAAVO湘南」の運営もしているんだ。
これも地域をよくする取組みだね。

FAAVO湘南
(↑クラウドファンディングサイト「FAAVO湘南」)

かにゃお
NPO支援だけじゃないんだね。

細矢さん
いいところに目をつけたね。
NPO支援地域活性化2つが活動の柱だけど、目的は「まちづくり」なんだ。

かにゃお
どういうこと?

細矢さん
NPO支援が最終目的じゃなくて、地域がより良くなることが目標なんだよ。
藤沢市民まつりも、秋葉台会場では市民が主体となって運営できるようになったように、地域のことを企業や行政にまかせっきりにするのではなく、市民が地域の主役になれるように支援してるってことかな。

かにゃお
暮らしやすいまちづくりが目標なんだね。

細矢さん
そのとおり。
「元気と思いやりのあふれるまちをめざして つなぐ・支える・うごく」が私たちの団体のキーワードなんだけど、まさにつないで支えるのがメインで、自分たちが動くのは一番最後にしてるんだ。
あくまで黒子に徹して、現場の市民活動団体がより活発に動けるよう貢献したいと考えて活動しているんだよ。

かにゃお
なるほど。クロ子とグレ子っていうわけだにゃ。

細矢さん
なにそれ、知らない・・・

細矢さん
(↑細矢さんとぼく。缶詰1年分は秘書に送っておいてね。)

『市民活動団体の黒子 いいにゃ!』―――――――――――――――――――――

認定NPO法人藤沢市民活動推進機構:http://f-npon.jp/

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる